宇田2位、広瀬3位 距離成年男子A

©株式会社北日本新聞社

距離成年男子A10キロクラシカル 2位に入った宇田=たいらクロスカントリーコース

 第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会「とやま・なんと国体2020」は17日、南砺、富山両市で競技が始まった。県選手は距離クラシカルの成年男子Aで宇田彬人(長田組)が2位、広瀬崚(早稲田大1年)が3位、同Bで清水康平(長田組)が3位に入った他、アルペン大回転成年男子Bでは室田和馬(北陸銀行)が8位に食い込み、競技初日から入賞ラッシュとなった。

 たいらクロスカントリーコース(南砺市小来栖・平)で行われた距離は起伏に富んだ1周5キロのコースを2周し、タイムを競う。宇田は上り坂でもスピードを落とすことのない巧みな滑りでフィニッシュ。広瀬は持ち味であるスタミナの強さを発揮し、伸びやかな滑りを見せた。清水は序盤から飛ばし、終盤は疲れも出たが最後まで粘った。

 たいらスキー場(同市梨谷・平)であった大回転は、全長約1キロのコースに設けられた約40カ所の旗門を滑り抜けてタイムを競う。室田は冷静なコース取りが光り、入賞圏内に滑り込んだ。

 会場では多くの観衆が選手に大きな声援を送った。

17日の県勢記録

■距離(クラシカル)  ▽少年男子10キロ (34)高田道希(南砺平高) 31分24秒5 (35)山崎大翔(南砺平高) 31分24秒7 (36)長谷怜信(南砺平高) 31分25秒0 (46)竹原敦也(南砺平高) 32分49秒5 (49)若林拓哉(南砺平高) 33分26秒8 (65)荒木鷹人(南砺平高) 35分12秒7

 ▽成年男子A10キロ (2)宇田彬人(長田組) 28分43秒1 (3)広瀬崚(早大) 28分43秒5 (12)山下陽暉(早大) 29分43秒6

 ▽成年男子B10キロ (3)清水康平(長田組) 30分6秒4 (11)藤田紘基(南砺平高教) 32分0秒5 (12)松原賢(松井製材所) 32分31秒3

■アルペン大回転  ▽成年男子A (19)和田望武(京産大) 1分1秒01 (36)溝口雄平(愛知工大) 1分3秒90  坂次大和(志貴野高講) =途中棄権

 ▽成年女子A (14)堀田璃苑(中大) 1分3秒41 (22)井林奏子(日体大) 1分4秒73 (37)村上実紅(立命大) 1分7秒64

 ▽成年男子B  (8)室田和馬(北陸銀行) 1分3秒64  室田健悟(富山市消防局) =途中棄権  亀谷崇仁(砺波地域消防組合)=途中棄権

■ジャンプ  ▽少年男子(ヒルサイズ83メートル) (19)加藤大志(雄山高) 125.1点(53メートル、60メートル)

 ▽成年男子B(ヒルサイズ83メートル) (11)山元駿(ゴールドウイン) 178.9点(66メートル、66メートル) (16)高尾洋平(ニプロファーマ) 163.8点(64.5メートル、62メートル) (20)高尾康平(上滝中教) 145.6点(58メートル、60メートル)

 ▽成年男子A(ヒルサイズ83メートル) (19)山元一馬(サンコレクト) 189.2点(69メートル、67メートル) (25)山元令壱(日大) 157.7点(61メートル、62.5メートル) (33)椙本信太郎(泉建設) 117.4点(52.5メートル、54.5メートル)

アルペン成年男子B大回転 積極的に斜面を攻めて8位入賞した室田=たいらスキー場