東京・横浜-カシマ、ヘリで移動し観戦 J1鹿島、プラン販売

©株式会社茨城新聞社

サッカーJ1の鹿島アントラーズFCは12日、ホームゲーム開催日に東京などと県立カシマサッカースタジアム(鹿嶋市神向寺)をヘリコプターで結び送迎する豪華な観戦プランを販売すると発表した。

同プランは、鹿島FCや鹿行5市などが出資する観光地域づくり推進法人のアントラーズホームタウンDMOが企画。出発場所は、昼の試合が東京都江東区の東京ヘリポート、夜は横浜市の横浜西か横浜埠頭(ふとう)のヘリポート。飛行時間は約30分で、都内などからの移動時間を大幅に短縮できる。

ツアー内容は観戦のほか、スタジアム内の見学ツアー、来賓ラウンジでの食事などで、土産も付く。料金はキックオフ時間によって異なり、午後2時と同3時は1人25万円、午後6時半と同7時は同35万円。定員は8人までで貸し切り運航も可能。

現在販売しているのは、同スタジアムでの開催が決まっている6月までのJリーグ11試合とYBCルヴァン・カップの3試合。以降は日程が確定次第、随時販売する。問い合わせは同DMO(電)0299(77)9500