中国、新型肺炎死者1868人

武漢の病院長も死亡

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国政府は18日、中国本土で新型コロナウイルスによる肺炎の死者が17日に98人増え、計1868人となったと発表した。感染者は1886人増え、計7万2436人となった。中国国営中央テレビ(電子版)によると、湖北省武漢市の武昌医院の院長が18日、新型肺炎で死亡した。肺炎の治療に当たり感染したとみられる。

 被害が集中する湖北省で死者が93人、感染者が1807人増えた。感染が疑われる患者は中国全体で約6200人。

 中国政府は14日、医療従事者1716人が感染し、うち6人が死亡したと発表していた。

 3月5日開催予定の全国人民代表大会も延期となった。