転がし、こねこね、「おいしくなーれ」/青森県南の伝統菓子「豆しとぎ」/六戸小児童が手作り挑戦

©株式会社東奥日報社

豆しとぎの生地をこねて形を整える児童たち

 青森県六戸町の六戸小学校3年生の児童37人が12日、同町の豊文精米加工センターで、県南地方でよく食べられる「豆しとぎ」作りを体験し、地域に伝わる家庭の味に親しんだ。

 「六戸町の自慢」を学ぶ総合学習の一環。豆しとぎ作り体験は同センターが協力し、今年で9回目となる。同センターの豊川徳弥志代表が「作り方や味の印象を覚えて、将来日本各地に広めてくれれば」とあいさつした。

 材料には同小の花壇で栽培したものを含む大豆4.5キログラム、砂糖2.4キログラム、米粉3升などを使用した。児童たちは「おいしくなーれ」と掛け声を掛けながら材料を手で混ぜ、生地を練り合わせる機械に投入。細長いペースト状になって出てくる生地を見て「蛇みたい」「おいしそう」と歓声を上げた。

 その後、300グラムに切り分けられた生地を転がしたりこねたりして、高さ約15センチ、幅約5センチの円柱状に形を整えて完成した。

 苫米地輝空(きら)君は「混ぜるのが大変だったけど、うまく生地を転がして作れた。家族みんなで食べたい」と笑顔で話した。