〈キラリ 健康生活〉身体活動で健康づくり、健康レシピ

©株式会社VOTE FOR

■身体活動で健康づくり
身体活動とは、安静にしている状態よりも多くのエネルギーを消費する全ての動作のことです。体をよく動かし、元気に自立して過ごせる期間「健康寿命」を延ばしましょう。

○プラス10分の運動で健康寿命を延ばす
日本の平均寿命は年々延びており、女性の平均寿命は2050年に90歳を超えるといわれています。健康寿命から平均寿命までの期間は支援や介護が必要となり、男性では約9年、女性では約12年といわれています。
健康寿命を延ばすためには、身体活動が重要です。身体活動は運動だけでなく、日常生活で体を動かすことも含まれ、生活習慣病やがん、認知症などのリスクを下げ、介護予防にも効果的です。
今より10分多く体を動かすことで健康寿命を延ばす効果があるので、次の例のように身体活動の機会を増やしてみましょう。

・仕事の合間や休憩時にストレッチをする
・出かけるときは、なるべく自転車や徒歩で移動する
・テレビを見ながらスクワットやストレッチをする
・一つ前のバス停で降りて歩く時間を増やす

■健康レシピ
栄養教室からおすすめのレシピを紹介します。

◆きのこの豆乳みそ汁
だしのうま味と豆乳のコクで、少ないみそでもおいしく食べられます。汁物は具だくさんにして汁の量を減らすなど、日頃から塩分の取り過ぎには注意しましょう。

○材料(4人分)
・しめじ…80g
・えのき…80g
・しいたけ…2個
・油揚げ…1枚
・小ねぎ…4本
・だし汁…500ml
・無調整豆乳…100ml
・みそ…30g

○作り方
(1)しめじをほぐし、えのきを食べやすい長さに切り、しいたけをスライスする。油揚げを3mm程度の幅に切り、小ねぎを小口切りする。
(2)だし汁を火にかけて、温まったら、えのき、しめじ、しいたけ、油揚げを入れ、火を通す。
(3)火を弱め、豆乳とみそを入れ、煮立たせない程度に温める。
(4)お椀に盛り付け、小ねぎを散らす。