韓国大統領専用機、羽田に派遣へ

クルーズ船退避で18日午後

©一般社団法人共同通信社

18日、羽田空港に向かうためソウル郊外の軍用空港を離陸した小型の韓国大統領専用機(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国政府は18日、新型コロナウイルスの感染者が相次いでいるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から帰国を希望する韓国人の乗客らを退避させるために、小型の大統領専用機を18日午後に羽田空港へ派遣すると明らかにした。同機はソウル郊外の軍用空港を正午ごろに出発した。

 韓国政府によると、クルーズ船には韓国人の乗客と乗員の計14人が乗船している。このうちの4人に加え、配偶者の日本人1人の計5人を韓国に退避させる計画を進めている。韓国には19日午前に戻る見通しで、その後14日間、施設に隔離されることになる。