Kra、最新作「Dis WORLD」を通して示した新たな未来図。「やり方は幾通りもある、それを自分なりに探そう」

©有限会社ルーフトップ

Kraが景夕と結良の2人編成になってから、すでに1年以上の歳月が経過。4人から2人になった当初は今後の活動が懸念されたが、ライブごとにサポートメンバーを加えながら、Kraは一切ペースを落とすことなく。例年通り精力的にライブ活動を続けてきた。何時しかファンたちも、ライブごとに変化するサポートメンバーらとステージを楽しむ景夕と結良の姿に触れ、同じよう、編成が変わることでその時ごとに生まれるKraナンバーの変化を楽しめば、ツアーやライブごとのテーマに合わせ膨大な持ち歌の中から選び抜かれる曲たちを、彼らと同じようテーマを持ったオムニバス盤公演のように楽しむことへ喜びを覚えるようになっていた。

編成が変わって以降、あえて新作のリリースを抑えてきたのも、2人が未来へ向けたKraの可能性を探るのと、改めてKraとしての土壌を踏み固めるためだった。揺るがない土台を作り上げた実感を得た2人は、その感触を確かめたうえで新曲の制作へ突入。生まれたのが、2月26日(水)に発売となるミニアルバム「Dis WORLD」だった。

本作は、都啓一(Rayflower・SOPHIA)が全面プロデュース。Kraがミニアルバム「Dis WORLD」のテーマに据えたのが、「変化を恐れずに歩み続ける強い意思」。Kraがどんな風に変貌したのか…。今の2人は、「新しい世界を探しに行く」ことを念頭に起きながら、変わり続ける日々を楽しんでいる。プロデューサーへ都啓一を迎えたのも、その一貫だ。きっかけは、結良と都啓一がセッションで共演した際に、Kraナンバーを理想とする姿にライブアレンジしたその手腕に惚れ込んだことから。2人とも、新たな出発を形作る作品を描くうえで、新しい視点や刺激を探していた中、都啓一ならKraとしてあるべき姿を、より刺激を加えた形で+αしてくれると判断。実際に都啓一は、Kraらしさを活かしながらも、よりスパイスの効いた楽曲としてすべての収録曲を仕上げている。ミニアルバムの「Dis WORLD」についてメンバーは、こんな会話を繰り広げていた。

結良:先にメンバーと事務所のスタッフで収録する4曲をセレクト。最初は、Kraを応援してくれるファンたちへ、今の僕らの想いや未来へ向かってゆく意思を示した「2/4」を今回の作品のリード曲にしようと決め、都さんにデモ楽曲を投げました。それを聞いた都さんから来たのが、「俺、リード曲にするなら「Dis WORLD」がええと思うな」という返事でした。そのうえで仕上がった楽曲を聞いたら、僕らの予想を遙かに越えた存在感を放っていた。都さんも、「2人のKraという姿勢を今回は何よりも大事にしたかったので、これから未来へ突き進む2人の意思をしっかり反映する楽曲にしたかったし、「Dis WORLD」はそうなれる曲だと思ってた」と言ってくださいました。

景夕:そこまで見据えたうえで、都さんは「Dis WORLD」を表題曲として選んでくれたわけなんですよ。

結良:デモ楽曲の雰囲気はそのままに、それまで重たいリズムだったところを、都さんがダンサブルに変えてくれたことで、よりノリを活かせた形へ仕上がりましたからね。

景夕:歌詞の面でも、2人編成になって初めての作品ということから「どんなことを書けばいいんだろう」と頭を巡らせていた中、歌詞の方向性も「Dis WORLD」がしっかり導き出してくれましたからね。

結良:もちろん「2/4」も、今回のミニアルバムの表題曲と考えていたように、とてもKraらしい楽曲。ファンたちには、歌詞に込めた想いも含め、とても喜んでもらえる内容だけど。良い意味で過去のKraの延長にもある曲。そこで意表をついて新しいKraの面を見せたかったことから、リード曲が「Dis WORLD」になったわけですけど。逆に捉えれば「2/4」や「言葉にしたい言葉」は、従来のKraファンはとても楽しんでもらえるし、僕らの今の気持ちが見えてくるぶん、とても安心を覚えてもらえる楽曲になっていると思います。もう1曲の「逆想のイカロス」は、ドロップDの重い楽曲でありながら、原曲はもっとテンポの速い裏打ちの8ビートナンバーだったんですけど。アルバムを通したときの際立ちを考え、より重い感じにと都さんへ仕上げていただけたように、この曲でもKraの新しい面を感じてもらえると思います。

景夕:Kraの持ち歌の中へイカロスを題材にした「負の前進」という楽曲があります。「逆想のイカロス」は、その続きのような感覚で歌詞を書き始めました。朝に空へ飛び立ちながら、太陽の熱で翼が解けて地上へイカロスが落ちたのなら、夜に月に向かって飛べばいいじゃない。一つの物事へ向かうに当たっても、そのやり方は幾通りもあること。それを自分なりに探そうという姿こそ、今のKraそのものですからね。

2人の語った収録曲たちへの想いを通し、変わったのではなく、「刺激の強い装備をまとったKraらしい姿」を味わえるのを今は心待ちにしていて欲しい。 ミニアルバム「Dis WORLD」を通して2人は、「安心」と「期待」「楽しさ」「刺激」をわちゃわちゃ混在させながら、あなたを手招きしている…。

TEXT:長澤智典