六甲山に霧氷出現 兵庫北部は30センチの積雪予報

©株式会社神戸新聞社

霧氷で白く染まった木々=18日午前、神戸市灘区六甲山町北六甲、六甲山スノーパーク(撮影・三津山朋彦)

 日本列島に寒気が流れ込み、兵庫県内は18日朝、厳しい寒さとなった。県北部では積雪を観測。夕方にかけてさらに積もる見通しで、県南部の平野部でも雪が降るという。六甲山頂近くの六甲山スノーパーク(神戸市灘区六甲山町北六甲)では、園内の木々の枝葉に霧氷がつき、白銀の景色が広がった。

 神戸地方気象台によると、同日午前8時までに兎和野高原27センチ、豊岡14センチの積雪を観測。気温は県内20カ所の観測地点のうち、13地点で氷点下を記録した。

 19日午前6時までの24時間予想降雪量は兵庫県北部で30センチ、南部の山間地で15センチ、南部の平野部で2センチを予測。18日の最高気温は神戸、姫路がともに9度で、寒さが続く見通しという。(西竹唯太朗)