久々の雪かき

©株式会社北國新聞社

 18日の石川県内は冬型の気圧配置が強まって大気の状態が不安定になり、雪が降った。正午までの最深積雪は白山河内21センチ、加賀菅谷11センチ、金沢2センチ、輪島1センチで、最高気温は金沢5・4度、輪島3・6度と冷え込んだ。

 金沢市内では夜中に雪が降り積もり、早朝からスコップを手にした住民が雪かきに汗を流した。

 金沢地方気象台によると、19日午前6時までの24時間降雪量は、多い所で加賀の山地20センチ、能登の山地10センチ、平地は加賀、能登ともに5センチを予想している。

 県警によると、県内で18日午前9時までの24時間に、19件のスリップ事故が発生した。けが人はいなかった。

 北陸自動車道は加賀インターチェンジ(IC)—武生IC間の上下線で冬用タイヤ規制となった。北陸電力によると、雷のため能美市大成町、西二口町、福岡町の約210戸が、17日午後11時37分から約30分間、停電した。