唐沢寿明主演、トリック満載のクライム・サスペンス「あまんじゃく」が帰ってくる!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では今春、唐沢寿明主演のドラマ特別企画「あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い」(日時未定)を放送することが決定した。

本作は、2018年9月に放送して高視聴率を獲得し、Twitterでも日本トレンド入りするなど大きな話題を呼んだ「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む」の続編で、唐沢演じる主人公・元外科医の殺し屋である折壁嵩男(おりかべたかお)が、法で裁けない悪人を成敗しながら、生死を懸けた闘いを繰り広げるクライム・サスペンス。

監督は、前作同様「99.9 -刑事専門弁護士-」(TBS系)などで大ヒットを連発する木村ひさし。主人公の元恋人で内科医の梶睦子を演じるのは、前作で華麗なるアクションを披露した、実力派女優・木村多江。そして正体不明の弁護士で、折壁に殺しの仕事を仲介するエージェント・横倉義實役を橋爪功が演じる。

殺し屋として活動する嵩男への次なる依頼人は、元料理人・宗村将史。ターゲットは三波正昭という悪徳料理評論家。三波はかつて、宗村の娘・亜子をわなにかけ、凌辱し自殺に追いやった過去があった。そんな中、世間では優秀な人間の死体から心臓や脳が抜かれるという、奇妙な事件が立て続けに起きる――。

続編決定を受けて唐沢は、「『あまんじゃく』のパート2をやると聞いて正直、驚きました。今回も話の展開はかなりシリアスなのですが、シリアスだけではなく、CGを駆使したトリック満載で結構笑えるところもあって、パート1以上に面白い仕上がりになっていると思います。真面目にやっているからこそ、笑えるところがある。そこが見どころです。前作よりもさらにいろいろな意味でパワーアップした大人のエンタメを、ぜひ楽しんで見ていただきたいです!」と見どころを明かしアピールした。

木村は「前回の『あまんじゃく』ではアクション面など新しい自分を発見できてとても面白かったので、また睦子を演じることができてとてもうれしいですし、楽しみでした。このドラマは非常に大人のドラマだなと思いますが、その中にちょっとシュールな笑いも含まれていて、独特な世界が繰り広げられているんですね。ちょっと大人のファンタジーでもあり、大人の戦隊モノでもあり、でもやっぱり社会派のドラマでもあって。そんな多面的な要素のあるドラマなので、それを皆さんに深い懐で大いに楽しんでいただけたらいいなと思っています」と喜びのコメントを寄せている。

橋爪は「『あまんじゃく』が、再びスペシャルドラマとして帰ってくると聞いて、全く驚きませんでした。監督の手腕を信じていましたから。撮影現場では、唐沢さんがいろいろと工夫している姿がステキでした。駐車場や韓国料理店など、多少コメディタッチのシーンなどお気に入りです。楽しみにご覧いただきたいですし、皆さんがどんな印象をお持ちになったのか気になるので、ご覧になった方々の感想、あるいはメッセージをうかがいたいです」と視聴者へ期待を促した。