劇団EXILE・佐藤寛太が「美食探偵 明智五郎」で“中村倫也LOVE”を表現

©株式会社東京ニュース通信社

劇団EXILEの佐藤寛太が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30、開始日未定)に出演。主人公の明智五郎(中村倫也)の大ファンで、捜査内容を明智にペラペラしゃべってしまう新米エリート刑事・高橋達臣を演じることが分かった。“明智LOVE”な役柄に佐藤は「中村さんは気配りもすごいですし、話しやすいですし、本当にすてきな方なので、僕が中村さんのことを好きだと思う感情をそのまま出して演じています」と役作りへの自信をのぞかせている。

本作は、人気漫画家・東村アキコ氏によるコミックを映像化するサスペンスドラマ。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の探偵・明智五郎が、相棒の小林苺(小芝風花)と共に、類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していくストーリー。

“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼のマリア(小池栄子)との関係も描かれていく。佐藤演じる高橋は、警視庁捜査一課の警部補。上遠野警部(北村有起哉)の部下で、新米刑事。推理力と見目麗しさを併せ持つ明智に憧れており、明智に聞かれると捜査内容を明かしてしまうキャラクター。実は東大出身のキャリアで出世コースを歩むエリートだが、明智と高橋によるほほ笑ましいやりとりにも注目が集まりそうだ。

佐藤は「キャリア組でエリート街道を進んでいるので、上遠野よりも自分の方が優れているぞ…という生意気な気持ちもありつつも、上遠野とうまくやっています。そして、明智さんLOVEなので、明智の言うことは何でも聞いてしまうという役柄です」と紹介。また、原作については「もともと東村アキコさんの漫画のファンでした。だからまさか東村作品の実写化で、自分に役を与えていただけるなんて…。クランクインの日には、東村さんがいらっしゃっているわけでもないのに、気合が入りすぎてちょっと緊張してしまいました(笑)」と以前よりファンだったことを明かし、「原作の印象は、キャラが濃くて、ボケが大渋滞しているな…と(笑)。でも、巻き起こる事件がシリアスで、事件を解決していく方法や、それぞれの被害者、加害者の心情がよく描かれていると感じました。お互い人間なのだな…というのが本当によく分かる、ハートフルで人の心に刺さる漫画です」と魅力を語る。

そして「僕が演じる高橋は、とにかく明智さんと一緒にいることが楽しくて、事件が起こるたびに、何かと口実を作って明智さんに会いに行くような、とんでもない刑事なのですが、本当に憎めないキャラになっています。巻き起こる事件に注目していただきながら、僕と明智さんの恋の行方にも注目していただけたらうれしいなと思います(笑)。ぜひよろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

なお、番組公式ツイッター(@bishoku_ntv)では番組アカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートした方の中から抽選で2人に、佐藤のサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンを実施中。