『ガレッジセール』テレビ“消滅”カウントダウン… 全国レギュラーゼロに

©株式会社日本ジャーナル出版

ガレッジセール 

(C)まいじつ

『ワンナイR&R』(フジテレビ系)で一世を風靡し、番組内のコントキャラ「ゴリエ」では『NHK紅白歌合戦』出場まで果たした『ガレッジセール』が、芸能界引退の危機にさらされている。

先日、2人がレギュラー出演する土曜朝の情報番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)が、3月いっぱいで放送終了することが発表された。これにより、全国規模のレギュラー番組はついに0本となり、コンビでのテレビ仕事は地元沖縄のローカル深夜番組のみに。ゴリ単独のレギュラーもローカル番組2本を残すのみで、川田に至ってはピン仕事ナシというピンチに陥っている。

「一応、準レギュラーとして『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)にコンビで出演しているものの、同番組はみのもんたの降板に伴い、4月からの番組リニューアルが決まっています。内容もこれまでの形から変わる予定なので、今まで通りの出番やギャラになるとは限らないでしょう」(芸能記者)

 

“最強の芸能人”と敵対関係!?

このまま消えないためにも、これからは各バラエティーに単発で出演していくことが求められる2人。しかし、〝芸人支持率〟の低さという足かせがあるため、こちらの道のりもかなり厳しいものになりそうで…。

「単発でのバラエティー出演で重要となるのは、周囲の芸人やひな壇との協調性。さらに前提となるのは芸人仲間から愛されていることなのですが、ゴリは公然と名指しされるほど芸人内で嫌われているのです。その筆頭は今や売れっ子司会者となった有吉弘行で、以前のラジオ番組では『向こうの芸歴が下だから敬語だったのに、ゴリエで売れたら急に『有吉』と呼び捨てにしてきた』と暴露。有吉自身がテレビから消えていたころの出来事だったこともあってか強烈な印象の悪さをにじませ、業界では〝唯一の共演NG〟に指定しているといわれています」(お笑いライター)

ゴリと同じ沖縄出身芸人の『スリムクラブ』真栄田賢も、後輩の立場でありながら公然と批判した1人だ。

「2017年、『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)で『ゴリと楽屋で目を合わさず、会話もしない』と暴露された真栄田は、『正直に言いますけども、(ゴリが)大嫌いです』とあっさり認めました。その後も真栄田は『性格といいますか… 自分の価値観を押し付けてくる』と批判し、同じ舞台をやっていた際、緊張をほぐそうとアドリブを入れたらゴリが怒ったというエピソードを告白。思わずフテくされた態度を見せたところ『その態度、松本人志さんにもできるのか?』と言われ、『その瞬間に、僕と彼との関係は終わりました』と決定的な不信感を抱いたと明かしています」(同・ライター)

「スリムクラブ」はまだしも、今のバラエティー界において有吉との共演は避けて通れない道。こことの確執があれば再ブレークも難しく、このままテレビから消えていくことは濃厚と言わざるを得ないだろう。