吉岡進2019年ベストルアーは濁りが入ったエリアでは滅法強い!誰でも使いやすいタチウオジグ『アンチョビメタル タイプゼロ(ジャッカル)』

©株式会社 内外出版社

ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は関東を拠点にひとつテンヤマダイからタチウオジギング、タイラバ、バチコンなどのあらゆるオフショアゲームに精通する、釣り番組でも大人気のオフショアエキスパートが選んだ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!

[ アルバム : 【吉岡進 2019TOY 画像まとめ】 はこちら ]

「テンヤ王子」「タチウオハンター」などあらゆる異名を持つオフショアエキスパート!

【Profile】
吉岡進(よしおか・すすむ)
埼玉県在住。マダイにタチウオといったオフショアゲームを得意とするジャッカル・ソルトプロスタッフ。抜群の釣りセンスと持ち前の明るいキャラクターで活躍するアクティブアングラー。

吉岡進が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『アンチョビメタルタイプゼロ/ドラゴンチャート(ジャッカル)』

ボディ4面できらめいてタチウオの視覚を刺激!

厚みのあるボディ形状で、4面すべてがきらめいて誘うハイアピールタイプのジグ。視覚を頼りに捕食するタチウオに効果的で、抜群のフラッシングで魅了。どんな状況にも合いやすいので、始めたばかりのビギナーでも扱いやすいジグとなっている。

吉岡「ドラゴンチャートで今年は爆釣しました。ドラゴンサイズも狙えるので、ぜひ使ってみて一発大物を掛けてみてください!」

吉岡進の“裏”T.O.Y.『アンチョビメタルタイプ3 (ジャッカル)』

弱波動が低活性のタチウオに効果あり!

吉岡「角がない平らな面のボディで、ジャークしてもそれほど動きすぎない。その落ち着いたアクションの弱波動が、タフシーズンや、日中の低活性&スレ始めたタチウオに効果があるんです。使い方は同じくワンピッチジャークでOKですが、質の違う動きで誘ってくれます」