共同通信記者に出席自粛を要請

電通PR、パラ勉強会

©一般社団法人共同通信社

 電通パブリックリレーションズ(東京)は18日、新型コロナウイルスに関連して共同通信の職員が自宅待機となっていることを理由に、同日主催したパラリンピック競技のメディア向け勉強会への出席を自粛するよう自宅待機対象外の共同通信記者に要請した。

 電通パブリックリレーションズは勉強会に参加する選手への影響を考慮したと説明。共同通信は再考を求めたが最終的に要請を受けて出席しなかった。

 共同通信は「感染症に対する誤解や偏見を助長する行為で、極めて遺憾」としている。電通パブリックリレーションズは「昨今の情勢により辞退をいただいたことに申し訳なく思っている」と謝罪した。