オリ山岡、コロナ対策によるファンサ自粛に「申し訳ない…」 神対応をファン称賛

©株式会社Creative2

オリックス・山岡泰輔【写真:荒川祐史】

オリックスは宮崎キャンプ中のファンサービス自粛を16日に発表した

 オリックスの山岡泰輔投手は18日、自身のインスタグラムを更新。16日に球団から発表された宮崎キャンプ中のファンサービス自粛について言及した。ファンサービスは新型コロナウイルスの感染予防を目的とし、サインや写真撮影、プレゼントの受け渡しなどが対象となっている。

 これまで自身のアカウントでファンのキャンプ訪問を喜んでいた山岡、今回の対策に「せっかく見に来て頂いてるファンの方にファンサービス出来ないのは申し訳ないですけど何か出来ればなと考えてます」とファンを思いやった。

 その姿勢にファンも感激した様子で、「その気持ちがとても嬉しいです」、「優しすぎる」、「選手のみなさんが元気に開幕を迎えてくれることが1番のファンサービスだと思うので残りのキャンプも頑張って下さい」、「その気持ちだけで十分」と称賛の声が集まった。

 ファンサービスは自粛となったが、トレーニングは順調に進んでいる様子。「いよいよ来週からオープン戦始まりますね ここまで順調にきてます 次のクールも頑張ります! 19番だいぶ見慣れてきたかな?」と自身が背負うエースナンバーの写真を投稿している。(Full-Count編集部)