19日の下船は高齢者優先で

クルーズ船、バスで横浜駅などへ

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省は18日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で19日から始まる下船について、初日は乗客約500人が対象となると発表した。19日午前10時半をめどに作業を開始する見通し。

 厚労省によると、19日に船を下りるのは主に高齢者で、下船後は横浜駅など複数のターミナル駅にバスで移動するという。

 船内で新たに88人の感染が確認されたことも判明した。10代から70代の男女で、日本人は35人。これまでに延べ2404人の検査を終え、感染者は計542人となった。88人のうち65人は発熱やせきなどの症状がなく、無症状の感染者は計254人となった。