DTM:BMW、アウディ両陣営がバレルンガに集結。2020年仕様マシンを初テスト

©株式会社サンズ

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権の2020年シーズンに参戦するBMWモータースポーツとアウディスポーツが、2月12~14日にかけてイタリアのバレルンガでオフシーズンテストを実施。BMWは2020年仕様マシン初テストに臨み、両陣営ともに晴天のコンディションで1800km以上を走破した。

 首都ローマの北部に位置するバレルンガは3日間にわたってほぼ晴天が続き、テストは一貫したトラック状況で進行した。BMWはフィリップ・エンゲ、ティモ・グロックに加え、新加入のジョナサン・アバディーンとルーカス・アウアーが参加。ロングランとショートランの両方で新シーズンに向けた技術的ソリューションの評価を行い、予定されたすべてのプログラムを消化するなど順調にメニューをこなした。

 この結果、2020年仕様BMW M4 DTMをドライブしたエンゲとグロックのふたりで、計460ラップを走破し、1851kmものマイレージを稼いだ。

「マシンに盛り込まれた技術的対策が、すべて機能することを確認できた」と、充実のテストを振り返ったエンゲ。

「マシンのドライブはとても“イージー”で、僕たちは確実に一歩前進したと思う。続くモンツァでの合同テストも楽しみにしている」

 一方のグロックも「クルマはとてもいい感触で、リストに挙げられたポイントのいくつかを確認することができた」と首尾を語った。

「今回はとてもポジティブなテストになったし、シーズンに向けて万全の準備を進めるべくモンツァではあらゆる項目を整理する必要があるね」

DTMではデザインライン以下は共通パネルを採用する。内部エアフロー改善やエンジンの改良がメインに
「パドックに着いたとき、これがキャリア20年目だと気付いたんだ」と語ったティモ・グロック
フィリップ・エンゲも「チームが冬の間にどれほどの努力を重ねたかを感じた」と手応えを口にした

 日本での1シーズンを経てふたたびドイツに戻ったアウアーは、ステアリングを握る機会こそなかったものの「BMWでの初仕事は楽しかった」と、モンツァ・テストでのデビューに向け期待を込めた。

「僕にとっても非常に興味深いテストだった。BMWでのすべてのプロセスを見ることができたし、チームの全員と知り合いになることもできた。今から、BMW M4 DTMのハンドルを握ることになるだろうモンツァが心から楽しみだよ」

 新加入メンバーのもうひとり、南アフリカ出身のアバディーンも「このバレルンガでの経験は大きな学びになった」とコメントした。

「このテストでの僕の役割は、すべてを観察し、チームを知り、物事がどのように進み、動作し、遂行されているか。その機能を知ることだった。それらの情報を収集できたのは、僕にとって本当に貴重な経験になったよ」

 一方、アウディスポーツもチャンピオンカーのRS5 DTMを持ち込み、王者レネ・ラストとマイク・ロッケンフェラーがマシンをシェアして走行。BMWに迫る451周、1842kmの走行距離を記録した。

 アウディスポーツのDTMプロジェクト・マネージャーであるアンドレ・ルースも、BMW同様に「アウディにとって非常にポジティブなテストになった」と振り返っている。

「我々としても再び多くのテストマイレージを稼ぐことができたので、ここで得られたデータや知見を詳細に分析し、新たなシーズンに向け最善を尽くしていきたい」

 両陣営は、続く3月16~18日にかけてシリーズを運営するITR主催のオフシーズン合同テストでふたたびイタリアへと戻り、モンツァに集結。BMWモータースポーツ、アウディスポーツともに2020年シートを確保したレギュラードライバー勢が参加する予定となっている。