吉田麻也が見た「プレミアとセリエ、FWの違い」とは?

©株式会社コリー

今冬のマーケットでサウサンプトンからサンプドリアへとローン移籍した日本代表DF吉田麻也。

まだ出場機会は訪れていないものの、先日行われたフィオレンティーナ戦ではベンチ入りを果たしている。試合は1-5と大敗し、78分にはフェデリコ・キエーザに強烈なシュートを決められた(動画3:09~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

ディフェンスには問題大有りだが、このシュートは素晴らしい!

『calciomercato』によれば、吉田麻也はこの試合後に『Il Secolo XIX』のインタビューで以下のように話したとのことだ。

吉田麻也 「ルイジ・フェラーリスでの最初の経験は素晴らしいものだった。サッカー専用スタジアムだし、イギリスの会場を思い出させる。

ファンはとてもピッチに近いし、試合を通して応援してくれる。

プレーする準備はできているし、デビューのチャンスが与えられることを願う。

ただ、練習を続けてチャンスを待つ。努力だけがプレー時間を得られる唯一の手段だからね。

すでに気付かされているよ。イタリアのディフェンダーとして気をつけなければならないことに。セリエAのストライカーはよく倒れる。プレミアリーグではこれほどには起こらないことだから」

トリノ戦、そしてフィオレンティーナ戦とベンチ入りしたが出場機会は得られなかった吉田麻也。23日にはインテルとのビッグマッチを迎えるが、そこでデビューはなるか?