五輪マスコット、欧州ツアーへ

「応援ビート」をPR

©一般社団法人共同通信社

出発式で「応援ビート」を披露する東京五輪のマスコット「ミライトワ」(左)とパラの「ソメイティ」=19日午前、羽田空港

 東京五輪・パラリンピックで選手を応援する手拍子「応援ビート」を海外に広めるため、五輪のマスコット「ミライトワ」とパラの「ソメイティ」が欧州をツアーする。19日は東京都の羽田空港で出発式が行われた。約1カ月かけて過去や将来の五輪・パラリンピック開催地など6カ国を巡る。

 応援ビートは約20秒で、競技の合間などに観客に手を打ち鳴らしてもらう。会場を盛り上げるため、大会組織委員会が昨秋発表した。公式の手拍子は五輪で前例がないという。

 欧州へ実際に出発するのは来週の予定。街頭で地元の人々にビートを披露したり、やり方をレクチャーしたりする。