ランナーは「マスク着けて」 23日開催「玉名いだてんマラソン」「いちごマラソン」 熊本県玉名市

©株式会社熊本日日新聞社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熊本県玉名市は18日の記者会見で、23日開催の「玉名いだてんマラソン」と「横島いちごマラソン」のランナーや関係者にマスク着用を呼び掛けた。

 市によると、フルマラソンの「いだてん」とハーフなど5種目の「いちご」には、計約7千人のランナーとボランティアを含む約1300人の運営スタッフが参加する予定。

 当日は、ランナーの送迎バスや人が集まるスタート会場でマスクを配布し、手洗いやアルコール消毒も呼び掛ける。応援者とのハイタッチは自粛を要請。マスクは約1万5千枚の備蓄があるものの、「品薄なのでなるべく自前で用意してほしい」という。

 今後、県内で感染者が出た場合は、中止を含めて対応を検討する。(蔵原博康)