欅坂46・尾関梨香「さすがは我らのキャプテン!」菅井友香の成長した演技力に驚き

©株式会社ニッポン放送

2月16日(日)深夜、アイドルグループ・欅坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、尾関が、欅坂46のキャプテン・菅井友香が主演を務める舞台『飛龍伝2020』を観に行った感想を語った。

『飛龍伝』は、これまでに桐谷美玲や黒木メイサなどが主演を務めてきた舞台で、菅井は8代目のヒロインとなる。2020年1月30日(木)~2月12日(水)まで東京・新国立劇場で上演されていたが、尾関はその初日に、欅坂46のメンバー数名とともに観に行ったという。

今回『飛龍伝』自体を初めて観劇したという尾関は、元々抱いていたイメージとのギャップを楽しんだといい、そして菅井の演技力に驚かされたことを明かした。

「菅井が写っている(『飛龍伝2020』の)ポスターをいろんなところで見掛けていたんですけども。顔に土が付いていて、キリッとした表情で写っていたので、カッコいい系の舞台だと思っていたんですけど、実際に観劇したらカッコいいだけじゃなくて、ダンスや殺陣、歌もあって、全てを詰め込んだ舞台だったなと思いました。

以前私、菅井が出ていた『ザンビ』っていう舞台も観に行かせてもらったんですけども、そのときと比べて、ゆっかー(菅井)の演技力が、同じ人じゃないみたいにパワーアップしていたんです。主演だから、セリフの量もすごく多いけど、セリフの間とかもめちゃめちゃ成長していて。さすがは我らのキャプテン!って感じで、成長に驚きました。

舞台に関するゆっかーのインタビューでは、“殻を破った”って本人も言ってるんですけど、本当にその通りだなって思いましたね。

ゆっかーは、去年の秋ぐらいから、ずっと歌番組の空き時間に台本を読んだりとか、原作の文庫本をボロボロになるまで読んでたりしていたんです。欅坂でのゆっかーって、ちょっと天然なところがあるから、舞台の上でどのように歌やダンスをするんだろう?って私自身もドキドキしたし、親心みたいなものがありました」

メンバーとして見守っていたキャプテンの成長を感じ、喜ばしい気持ちになったという尾関。『飛龍伝2020』の大阪公演は、2020年2月22日(土)~2月24日(月)まで行われるそうで、尾関は「ゆっかー最後まで頑張ってね!」と菅井へエールを送っていた。

その後は、日向坂46の東村芽依をパートナーに迎えて、コーナー『オノマトめいめい』を展開。この世に存在しない“新しいオノマトペ”を考えていくコーナーで、「木登りをしている様子」などリスナーから送られたオノマトペ化してほしいシチュエーションを元に、2人でイメージを膨らませていった。

radikoのタイムフリーを聴く