東電に1千万円超の賠償命令

避難区域外住民訴訟、福島地裁

©一般社団法人共同通信社

 東京電力福島第1原発事故による放射線被ばくの不安で精神的苦痛を受けたとして、福島市など県内6市町の避難指示区域外の住民52人が東電に計約9800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁(遠藤東路裁判長)は19日、計約1203万円の支払いを命じた。うち2人の請求は棄却した。

 遠藤裁判長は、自主避難者については、不便な避難生活を強いられ日常生活を喪失したと指摘。避難しなかった人についても、被ばくへの不安の中での生活を余儀なくされ、行動を制約されたと判断。ともに精神的苦痛を被ったと認定した。慰謝料は2万2千円~28万6千円とした。