槇原敬之容疑者の元近隣住民が語る痴話喧嘩 「ヒステリックに喧嘩していて近所迷惑だった」 人間性を疑問視する声が続々と

©TABLO

「君は僕の宝物より」。宝物はどこへ。

槇原敬之容疑者が覚醒剤所持等の容疑で逮捕された事件に関して、岡口基一裁判官が、SNSで擁護コメントを出したのが話題になっています。

ツイッターへの不適切な投稿で最高裁から戒告とされた岡口基一裁判官は、異例の二度目の分限裁判中。殺人事件の遺族を侮辱したとされる昨年のフェイスブック投稿により、仙台高裁が懲戒を求める「分限裁判」を1月27日に最高裁に申し立てています。

表現の自由を追求して分限裁判を招いた岡口基一裁判官が、槇原敬之容疑者の人権を重視しています。

【槇原敬之についてのネットニュースの中にも、同性愛嫌悪を隠そうともしないものが散見され(ライターに、その自覚すらない)、この差別問題の根深さを強く感じさせられたばかりでした。】(2月17日)

【現時点では、槇原さんが本当に犯罪行為を行なったのか否かに相当の疑問が残る状況です。このような状況で、槇原さんが有罪であることが前提であるかのような報道を行なうことは、槇原さんの人権を著しく侵害します。】(14日)

これらの投稿について、週刊誌デスクは、

「私生活で槇原敬之容疑者と趣味が共通する部分も見受けられる岡口基一裁判官。発信するのも表現自由ですが、分限裁判でマイナスの材料にならないと良いですね」

と語ります。一方、槇原敬之容疑者逮捕報道を受けて、新宿2丁目の同性愛者の方々が当惑しているのも事実です。

「マッキー逮捕で同性愛者に対して、偏見を持つ人が増えて困るわ。親戚からもアンタ大丈夫って言われて嫌だわ」(バー店員)

「ガチムチが好きな芸能人で、お金持ちだから、モテたみたいだけど、わがままで人間不信みたいなので、関わらなくて良かった」(ショーパブ店員)

また、容疑者の元近所の住民からも証言を得ました。

「退廃的でヒステリックに喧嘩したりしていたので、子供の教育上悪いので転居しました。恋愛嗜好がどうこうではなく、荒んで近隣の迷惑をかけないようにしないと更生は難しいんじゃないでしょうか」

一部の報道では、元同居人、元恋人で元事務所社長A氏の後に、新しい恋人が登場したので、A氏が捜査協力したとの話も浮上しています。

「A氏は宍戸開似のガチムチ系イケメンで歌舞伎町のパブの人気者でしたが、槇原敬之容疑者との出会いをきっかけに店を辞めて六本木に移ったという経緯があるようです。人気者のプライドがありますから、自分を大切にしてくれなくなった槇原敬之容疑者のことは守らないでしょうね」(歌舞伎町飲食店関係者)

A氏の存在は、1999年の一回目の逮捕以降の槇原敬之容疑者のアーティスト活動を支えて、SMAPの『世界に一つだけの花』などのヒット曲を生み出してきました。名曲の数だけ、多くの人々に迷惑がかかる結果を招いてしまった逮捕。一日も早く更生されることをお祈りします。(文◎鎚鋸多漏)