“長寿の町”京丹後市 お年寄りも「自分たちのこと自分でやる」

©株式会社光文社

100歳以上の割合が高く、80代、90代が自立して生き生きと暮らす町。その秘密は生活環境にありーー。

日本は世界でトップクラスのご長寿大国だが、なかでも今、100歳以上の“百寿者”がたくさんいる京都府北部の町、京丹後市に注目が集まっている。

京都駅から特急で2時間半、丹後半島にある海沿いの町で、漁業と江戸時代から続く丹後ちりめんが有名。人口あたりの“百寿者”の比率が全国平均2.8倍(’16年時点)で、男性の長寿世界一として木村次郎右衛門さん(’13年没、享年116)が過ごしたことで知名度がアップした。

「同じ京都とはいえ、海に面しているので海藻類をよく食べるなど、昔から地域に伝わる食生活は独特です。また、京丹後の人がすごいのは、長寿だけでなく、自立した生活を送る健康長寿も長いということ。まわりに100歳の高齢者たちが元気で暮らしているので、90代は珍しい存在ではないし、80代の方たちはあちこち痛いと言いつつも、『100歳の人が頑張っているから自分ももっと頑張る』と、励みにして生活されています。子どもに頼らず、自分のことは自分で行っているのも、健康寿命を延ばしている要因のひとつだと思います」

そう話すのは、京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学の的場聖明教授。

「なぜ、京丹後市には健康長寿の高齢者が多いのか?」、その秘密を探るべく、同大学では2017年から、市立弥栄病院と共同で、京丹後地域(京丹後市、宮津市、与謝野町、伊根町)に暮らす65歳以上の住民を対象に、職業、学歴、日常生活、食事や睡眠時間、血液検査、血管年齢など、2,000項目を調査し、15年間経過観察をする「京丹後長寿コホート研究」に取り組んでいる。ビッグデータを解析したうえで、平均寿命が短い“短命県”の青森県・弘前市など、ほかの地域で暮らす高齢者のデータと比較しながら、健康長寿の秘訣を分析している。

その研究のなかでわかったことは、京丹後の高齢者は、(1)血管年齢が全国平均と比べて若い、(2)大腸がんの罹患率が京都市内の半分、(3)寝床に入ってから眠りにつくまでの時間が短い、などといった特徴だった。

「特別な遺伝子は見つかっていないので、食事や生活習慣によるもの、と考えています。ということは、その習慣を取り入れれば、私たちも健康で長生きできる部分があるといえるのではないでしょうか。血圧が高かったり、大病したり、年相応に病気をしたとしても、その後、回復して元どおりの生活を送られる方もいらっしゃるんですよ」(的場教授)

実際に、ご長寿さんはどんな暮らしをしているのか。90代のご夫婦を訪ね、食生活を中心に話をうかがった。

「早寝早起きは、人にはまだ負けていませんよ」

そう元気に語るのは、今田政一さん(93)。妻の操さん(90)との2人暮らしで、別棟に娘夫婦や孫一家が住むが、「自分たちのことは自分たちでやる」のがモットー。6時に起きて、朝ごはんを2人で作ることから1日が始まる。

「朝はみそ汁とごはんを、茶碗に半分ぐらい。家内はみそ汁だけを1杯飲みます。今日はね、卵に平天(さつま揚げ)、ちくわを具にして、みそはたっぷり。平天からだしが出て、おいしいですね。それに、梅干しを毎朝欠かさず1個食べます」(政一さん)

政一さんが野菜を刻み、IHコンロで調理すれば、操さんは野菜の処理や食器の後片付けをする。操さんは今、要介護2なのだが、そこはやはり“自分のことは自分で”。家事は夫婦で役割分担し、3食をしっかり、決まった時間に食べるなど、規則正しい生活を送っている。

また、季節によっては午前中、政一さんは自宅から200メートル離れた畑に行き、キャベツや白菜、ジャガイモ、ほうれん草、ねぎなどの野菜作りに励む。収穫した旬の野菜が食卓の主役だ。

「農作業がない冬場は、こたつに入って漢字の書き取りなどをして、なるべく手と頭を使っています(笑)。午後にはバスに乗って買い物にも行きます」(政一さん)

じつは政一さん、89歳のときに大腸がんの手術をした。その後、寝たきりにならなかったのは、2本のポール(杖)を使って歩行運動をする「ノルディックウオーキング」のおかげだという。時間があるときは自宅前の道路を速歩きで往復し、足腰をきたえた。

こうして政一さんは今も、介護保険サービスを使うことなく過ごしている。市から賞状をもらい、それがまた励みになっている。

「女性自身」2020年2月25日号 掲載