渡辺裕之、相島一之、松本若菜らが「駐在刑事」クライマックスを彩る

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で放送中の金曜8時のドラマ「駐在刑事 Season2」(金曜午後8:00)の、2月28日放送・第6話と最終話となる3月6日放送・第7話のゲストキャストが解禁。第6話には渡辺裕之、相島一之が、第7話には松本若菜が出演することが分かった。

同作は、かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事だったものの、今は奥多摩警察署水根駐在所の“駐在さん”として住民たちから親しまれている刑事・江波敦史(寺島進)が活躍する人気刑事ドラマシリーズ。

山を愛した男の友情が描かれる第6話に出演する渡辺は、老舗「水根旅館」の女将・池原美也子(市毛良枝)の夫と親友で、水根出身のカリスマ登山家・風巻雄一を演じる。渡辺は自身の役柄について「登山家で、山で命を落とす覚悟がある“山の人”そのものです」とコメント。併せて視聴者に「ご覧いただく皆さまの想像通りにはいかないように芝居をしているつもりなので、『やられた!』という感覚になってくれると思います。楽しみにしていただきたいです」とメッセージを送っている。

一方、相島は、ソーラーパネル建設のために奥多摩の森林伐採を計画する「森瀬建設」の社長・森瀬勝彦を演じる。相島は大自然の奥多摩での撮影に「早朝の山の木々からは、もやが吹き出し東京からそれほど遠くない場所とは思えませんでした。美しかった」と感動したことを明かした。

そして、江波が愛する移動販売パン屋「ラ・メール」の店主・綿谷夏子(田中美里)の驚きの過去が明かされる最終話に登場する松本は、夏子の古い友人でもあるホステス・清本薫を演じる。松本は「夏子が『陰』だとしたら薫は『陽』。でも、薫の中にも『陰』の部分があり、薫にどういう過去があったのか…いろいろと楽しみにしていただきたいです」と語っている。