宇垣美里“民度が知れる発言”長引く悪影響…使うテレビ局ほぼナシ

©株式会社日本ジャーナル出版

宇垣美里

(C)まいじつ

ザンネンながら画面でめったに見ることがなくなったフリーアナの宇垣美里。ここ最近、週刊誌を中心に彼女の〝重大決意〟が囁かれているが…。

「昨年4月にフリーになったものの、テレビのレギュラーはおろか単発も減る一方。早くも〝過去の人〟という感じになってきました。彼女のオフィシャルサイトを見ても、目新しい仕事はない。このまま消える可能性も否定できません」(女子アナライター)

宇垣は元TBSの局アナ。出演していた番組プロデューサーとのトラブルが発端となって辞めたといわれている。

「プロデューサーとの間で番組降板を巡る話し合いになった際、そのプロデューサーが渡したコーヒーをブチまけた〝事件〟です。これが週刊誌に報じられたことで、宇垣は激怒。辞めた後にフジテレビのバラエティーで『(TBSは)民度が知れるわ!』などと言い放った。これに古巣のTBSは大反発。もう彼女を使うことはないでしょう。他局にしたってフリー余りの昨今、評判の悪い彼女をあえて使う理由もない。使ったとしても、視聴率が上がると思えませんし」(同・ライター)

 

大手事務所所属も大きな仕事は入らず

そんな宇垣に囁かれている〝重大決意〟とは一体、何なのか。

「今は大手芸能事務所に所属していますが、事務所を辞める方向のようです。実際、大手にいたからといって何か大きな出番があるわけでもない。たまにイベントに出てきて毒を吐くばかりでしょ。本人もそのたびにたたかれるので、少々嫌気が差してきているようです」(同)

とはいえ、現事務所は他に引き取り手がなく、四苦八苦の末に決まったはず。

「TBSの先輩で、今や大人気の田中みな実を頼ったところ、門前払いにされたといいます。そこで唯一、救いの手を差し伸べたのが現事務所です。ただし、取ったはいいが、想像以上にテレビ界の評判は悪く、どこも使ってくれない。彼女自身も、そろそろガマンの限界のようです」(芸能プロ関係者)

今後、宇垣はどうしようというのか。

「完全なフリーになって新事務所まで作る考えのようです。彼女には出版関係のシンパが多いのですが、彼らが発起人になるともっぱらです」(同・関係者)

重大決意というより、単なるお騒がせだ。