映画業界が「興行収入2600億円突破」を素直に喜べない事情

©株式会社マネーフォワード

2019年の映画の売り上げを示す興行収入(興収)は、現在の発表形式に変わった2000年以降で最高となりました。これは日本映画製作者連盟(映連)が1月28日に公表したもので、同年の興収の額は2,611億円余りに達し、前年の水準を約17%上回りました。

大ヒットの目安ともいえる興収100億円超えの作品が「天気の子」など4作品を数え、活況の1年だったといえそうです。年間の入場者数も前年比約15%増の1億4,941万人と、2000年以降では最高でした。

非常におめでたい話に聞こえる、昨年の状況。もっとも、映画業界にとって手放しでは喜べない面もありそうです。


スクリーン当たり入場者が下げ止まり

日本の映画業界の観客動員のピークは1958年。プロ野球・巨人軍の長嶋茂雄選手がデビューし、東京タワーが誕生した年です。同年の入場者数は実に11億2,745万人。当時の人口で単純計算すれば、1人当たり年間12回ほど映画館へ足を運んだ計算です。

1953年に放送が始まったばかりのテレビが“お茶の間の主役”になる前の時代。映画は娯楽の主役ともいうべき存在でした。それだけに、1950年代後半と現在を比較するのは難しい面もありますが、11億人余りという入場者数が日本の映画黄金期を象徴する記録であるのは事実です。

下のグラフは、年間の入場者数をスクリーン数で割った1スクリーン当たりの入場者数の推移です。

1950年代には16万人超だったのに対し、昨年時点では5万4,000人余りにとどまっています。シネマコンプレックスの普及に伴って最近、スクリーン数が増加傾向にあるのを考慮すれば、下げ止まり感が出てきたといえるでしょう。

それでも、ネットフリックスをはじめとした動画配信サービスが急速に広まるなど、映画館へ行かなくても映画が自宅で手軽に楽しめる環境が整備されているだけに、決して楽観はできません。

アニメのリピーターが増えただけ?

あるシネコン運営会社の関係者によると、映画館へ出向く人にはリピーターが多いといいます。実際、調査などでは、映画館のリピーター比率が7割を超えています。

昨年の興収ランキングを見ると、1位の「天気の子」を始め、「アナと雪の女王2」「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」など、上位にはアニメ作品が多く名を連ねています。通常、「アニメ愛好者にはリピーターが多い」といわれており、映画ファンの裾野が広がっていない可能性も否定はできません。

むろん、映画業界も手をこまぬいているわけではありません。ペンライトを振ったり、歓声を上げたりすることが許される「応援上映」や、音楽ライブ用のセットを導入し、大音響の中で映画を楽しむことが可能な「爆音上映」など、映画館での映画鑑賞の楽しみ方が増えてきました。

映画館で楽しむことができるのは映画だけでありません。コンサート会場などに足を運ばなくても、臨場感を味わうことのできるライブビューイングは、新たな映画館の活用法の1つです。

半数近くの若者が「値段が高い」

筆者の大学のゼミ学生が200人余りを対象に実施したアンケート調査で、若者に映画館へ行かない理由を聞いたところ、「値段が高い」との理由が全体の約44%を占め、1位となりました。

映連の調べによれば、2019年の入場者1人当たりの平均料金は1,340円。これに対して、一定の額を払えば好きな動画が見放題といったサブスクリプションによる動画配信のサービスには、「新作配信のタイミングこそ映画館での上映よりも遅いとはいえ、おトク感が強い」との受け止め方もあります。

他国との比較でも、日本の映画鑑賞料金は高いのが現状です。「ネーション・マスター」というサイトによると、日本の料金は2014年時点で17.67ドルと174ヵ国のうち、5番目の高さ。ハリウッドのおひざ元、米国は10ドルで43位です。

最近の映画館が快適なのも事実です。シートはゆったりとしているうえ、前後の座席の間隔も広々としています。こうした設備投資への負担や足元の人件費の上昇などを踏まえると、値下げが簡単ではない面もあるでしょう。

「映画館の入場者数をさらに増やすには、若者の間に映画文化を根付かせる必要がある」(ベテランの映画監督)。映画業界の試行錯誤が続きます。