街中活性化策6500万円 都城市予算、商業振興と一体化目指す

©株式会社宮崎日日新聞社

 都城市は19日に発表した2020年度一般会計当初予算案に新規の「中心市街地居住推進事業」(6500万円)を盛り込んだ。マンション、アパートといった共同住宅の新築を前提とした家屋の解体、建設費などを補助して居住基盤を整備し、定住人口の増加と中心市街地の活性化を狙う。