気象庁/台風15号を「房総半島台風」と命名/災害の教訓を後世に

©日刊建設工業新聞社

気象庁は19日、昨秋に襲来し大きな被害をもたらした台風15号を「令和元年房総半島台風」、19号を「令和元年東日本台風」と命名した。

気象庁は顕著な被害をもたらした気象現象や自然災害に名前を定めている。災害の教訓を後世に伝承するといった狙いがある。台風への命名は1977年の「沖永良部台風」以来43年ぶり。

昨年9月と10月に上陸した両台風は千葉県や関東・甲信越地方、東北地方を中心に浸水、停電などの甚大な被害をもらたした。