大宮で姉妹トラブル…19歳姉、高校生の妹を刺す 自宅ベランダで 洗濯物を巡り「カッとなり、死んでも」

©株式会社埼玉新聞社

大宮西署=さいたま市西区三橋

 妹をカッターナイフで刺したとして、埼玉県の大宮西署は19日、殺人未遂の疑いで、さいたま市大宮区、姉の無職少女(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は18日午後3時40分ごろ、自宅内で高校生の妹(18)の左腕や左腰をカッターナイフで刺して殺害しようとした疑い。命に別条はないという。

 同署によると、当時、在宅していたのは少女と妹の2人。両親ら他の家族は不在だった。姉妹はそれぞれ、住宅2階の自室にいたが、洗濯物の取り込みを巡ってトラブルになり、姉がベランダで妹を突き刺したという。約40分後、姉が自ら「妹をカッターで切った」と119番。消防隊員が駆け付け、妹は病院に搬送された。姉は「カッとなって妹なんか死んでもいいと思い、カッターで刺した」と供述しているという。