新型コロナ2例目感染の経路 沖縄県「情報ない」 感染症医「タクシー乗車を控える意味はあまりない」

©株式会社沖縄タイムス社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 60代のタクシー運転手の男性から新型コロナウイルスの感染が確認された19日夜、会見で男性の足取りや乗せた客の人数、国籍などを問われた県は「調査中」「情報がない」と繰り返した。

 県の砂川靖保健医療部長は、他県で感染経路が不明な「市中感染」が確認されていることに触れ、「今後、そういう形で入ってくる可能性もあるかもしれない。感染拡大をできるだけ抑えるよう努力していかないといけない」とした。

 感染拡大に県内で緊張が走る中、どう対応していけばよいのか。県立中部病院感染症内科の椎木創一医師は「今回もクルーズ船関連の可能性が高く、1例目から県内の感染状況はほぼ変わっていない」と冷静な対応を呼び掛ける。

 情報が少ない中、「感染を恐れてタクシーの乗車そのものを控える意味はあまりない」と指摘。「タクシー運転手など不特定多数と接する仕事の人は、自身の健康状態を把握し発熱やせきなどがあれば営業を休むこと。私たち一人一人も体調が悪いときは無理に出掛けないこと。その心掛けが周りの人を守ることにつながる」と話した。