皆さんの生活を支える相談窓口 地域包括支援センターをご利用ください

©株式会社VOTE FOR

地域包括支援センターは、高齢者の皆さんが住み慣れたまちで安心して暮らしていくために、必要となる援助や支援を行うために設けられた、地域の総合相談窓口です。
保健師・看護師、社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)などの専門職が皆さんからの様々な相談や悩みを聞いたり、介護予防や健康づくりを支援したりしながら、安心できる地域、暮らしやすい地域をつくります。

在宅療養や認知症に関することなど、ご自身、ご家族のことはもちろん、近隣に暮らす人の高齢者に関する相談も受けます。相談を受けた地域包括支援センターは適切な機関などにつなぎ、連携して支援していきます。相談は無料ですので気軽にご利用ください。
市内3か所に地域包括支援センターを設置しており、窓口や電話のほか、状況に応じて訪問して相談を行っています。

(1)市地域包括支援センター
日時:月〜金(祝日・年末年始を除く)
※いずれも8時30分〜17時15分

場所:市役所1階
対象:中央、大浜地区在住の人

問合せ:市地域包括支援センター
【電話】0566-46-5512

(2)碧南社協地域包括支援センター
日時:月〜金(祝日・年末年始を除く)
※いずれも8時30分〜17時15分

場所:へきなん福祉センターあいくる
対象:新川、西端地区在住の人

問合せ:碧南社協地域包括支援センター
【電話】0566-46-3840

(3)碧南東部地域包括支援センター
日時:火〜土(祝日・年末年始を除く)
※いずれも8時30分〜17時15分
※月曜日が休日の場合は月・火曜日を閉所します。

場所:東部市民プラザ
対象:棚尾、旭地区在住の人

問合せ:碧南東部地域包括支援センター
【電話】0566-93-1191

◆最近、ちょっと気になることがあるという人も利用できます。
つまずきやすくなった、ひざ・腰が重く生活の不自由さを感じる、物忘れが心配、体力の衰えを感じるなどはありませんか。そんな思いをしたときが、介護予防に取り組むチャンスです。市では「介護予防・日常生活支援事業(総合事業)」による介護予防の取り組みを行っています。
介護予防は元気なうちからはじめることが大切です。いつでも、気軽にご相談ください。その時の状態にあったサービスを紹介します。

◆地域包括支援センターは大きく4つの機能を持ち、高齢者の皆さんの生活や社会参加を支援しています