東証続伸、終値は78円高

円安好感、新型肺炎には警戒

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 20日の東京株式市場は、円安ドル高の進行を好感して、日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比78円45銭高の2万3479円15銭。朝方は大幅高となったが、新型コロナウイルスによる肺炎拡大への警戒感が広がり、急速に上げ幅を縮小した。値動きの荒い相場展開となった。

 東証株価指数(TOPIX)は2.62ポイント高の1674.48。出来高は約11億7400万株。

 米株高を背景にドルを買って円を売る動きが加速し、外国為替市場で円相場が一時、1ドル=111円台半ばまで急落した。

 株式市場では、輸出企業の採算改善期待から上げ幅が400円を超える場面もあった。