賀来賢人が「死にたい夜にかぎって」秘話を披露。BiSHのアイナ・ジ・エンドは女優業に興味あり

©株式会社東京ニュース通信社

MBS、TBSほかで2月にスタートするドラマ「死にたい夜にかぎって」(MBS=2月23日スタート 日曜深夜0:50、TBS=2月25日スタート 火曜深夜1:28)の第1話先行試写会が行われ、主演の賀来賢人、村尾嘉昭監督、脚本を担当した加藤拓也氏、原作者の爪切男氏、エンディング主題歌を書き下ろしたBiSHのアイナ・ジ・エンドが登壇した。

同作は、爪氏の実体験のエピソードを綴った同名小説を実写ドラマ化。幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来賢人)が、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、時にぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻していくという、悲しくもユーモアあふれるストーリーが描かれる。

原作を読んでドラマ化を熱望した村尾監督は、すぐに爪氏にコンタクト。爪氏が出演したサウナで行われたトークイベントに会いに行ったそう。爪氏は、村尾監督の熱意は感じていたものの、ドッキリだと思っていたそうで、「最初は(サウナで)裸でオファーしてきて、2回目に会った時に『(主演は)賀来賢人でいきます』って言われた時は、頭のやべえ人だなって思いました」と笑顔で振り返った。

また、賀来も10年来の知り合いである村尾監督から熱烈なオファーを受けたそうで、「こんなに熱烈なのは初めて。あの手この手を使って、マネジャーさんが困るほど(笑)」と笑い、「どんな作品か知らなかったんですけど、とにかく“何か”やりたいということは外から聞いていて、その“何か”ってなんなんだろうって思って、やっと(村尾監督と)つながって『読んでみて』って言われたのが今回の作品です」とコメント。村尾監督は、賀来が自分と友達だから出演を引き受けるというのは嫌だったので、直接はオファーをせず、事務所を通してオファーしたことを明かした。

最初に原作を読んだ際は、実話だと思わなかったと言う賀来。「普通のラブストーリーとか男女の話って、ご都合主義なところがあるじゃないですか。それが今回全くなかったので即答でした」といい、感想を聞かれると「ハードというか、関わる人も破天荒ですし、浩史という人自体も、絶望的なことが自分に起きていようが“まっ、いいか”精神で乗り越えてしまう。それを赤裸々に、悲劇を喜劇に変えて書いている爪さんのお顔を想像して、どんな人なんだろうって興味が湧いた」とのこと。

そして実際に本人と対面し、「この人はモテるなと思った」そうだが、自身との共通点については「浩史ほどではないですが、“まっ、いいか”というマインドは僕も持っているし、生い立ちにも似ている部分がある」と明かしつつ、「でも演じていて普通のドラマや映画をやっている感覚とは違うんです。実話だし、話はリアルなんだけど、こんなに激しい体験をしていて“まっ、いっか”で乗り切れる人もいるんだ、という不思議な気持ちで撮影に臨んでいます」と心境を語った。

ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)の脚本を務め、舞台界でも注目を集める加藤氏は、今回の原作を脚本化するにあたり「僕はもともと原作を知っていたから『原作が好き』って話から始まって、監督と『原作を大事にしような』って話をして、決定稿を書き終えた後に爪さんと初めてお会いしたんですけど、その時の第一声で『原作に忠実にするのはちょっとね』って言われてビックリしました」と苦笑し、「でも『決定稿やし知らんわ』って思ってまあええかって。でもご本人の体験談ということで、変にいじくり回すのも違うかなという思いもあったので、そこは大事にしたいなと思いました」とこだわりを明かした。そんな加藤について、賀来は「まだ26歳なのに、すごい才能。普通はセリフで結論に向かって進めていくのに、それとは違う推進力で、気付いたら答えを拾っているような、今までに見たことのないスタイルですごい」とその才能を称賛した。

エンディング主題歌「死にたい夜にかぎって」を書き下ろしたアイナは、「書き下ろしというのが人生初めてで、原作がすごく好きだったので、爪さんの言葉を好きなように捉えて作らせていただきました。爪さんの言葉が脳裏にこびりついていたので、歌詞もいつもよりスラッと書けて、男の人目線の歌詞を初めて書いたので、それと同時にAメロ・Bメロは自分史上一番低いところからスタートさせて、自分なりの男の人の歌を作ってみました」と楽曲制作について説明。

さらに、第1話に2秒ほど出演しているアイナは、ドラマの撮影に参加したのも初めてだったそうで「浩史が(居酒屋で)歌を歌っている時に、ただただ2秒だけ見る居酒屋のお客さん」と役柄を紹介し、「生まれて初めて演技をしたんですけど、全役者さんを尊敬しました」と告白。そんなシーンを村尾監督が絶賛すると、アイナは「1人でよく(居酒屋の)『鳥貴族』に行っているんですよ。だからそのままです(笑)。よかったです」と喜び、チェインストーリーではセリフありの芝居にも挑戦しているが「ちょっと楽しかったです。なので、いつか(女優業を)やれたらいいなって思いましたけど、全然まだまだすぎます」と恐縮しつつも、今後の女優業に含みを持たせた。

加えてアイナが、ヒロインのアスカ(山本舞香)が毎朝寝起きに浩史の首を絞めるというシーンがグッとくるという話をすると、賀来は「ドラマのスケジュールって大変で、同じシチュエーションだったら1日にバーっと撮らないとダメなんですね。なので1日中、首を絞められる日があって。舞香ちゃんがすごい集中力なので、さすがに弱く締めさせるのはかわいそうだなと思って『全部本気で来てくれ』と言ったら、即答で『はい!』って言われて(笑)、全部全力でした。本当に大変でした」としみじみと語った。

最後に賀来は「共感とはちょっと違うかもしれないんですが、どんな人が見ても何かを受け取れて、笑えて、泣けてっていう。何の情報がなくても楽しめる作品になっていると思いますし、現場の熱量を感じる作品なので、できるだけたくさんの方に見ていただければいいなと思います。見てください!」とアピールした。