鶴瓶が新木優子に「パパって呼んでね」と懇願!?生田斗真の多彩さには「この人をしかりたい」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で2月24日に放送のスペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」(午後9:00)の囲み取材と、番組宣伝のアドトラック発車のテープカットイベントが都内で行われ、吉田茂役の笑福亭鶴瓶、白洲次郎役の生田斗真、吉田の娘・麻生和子役の新木優子が出席し、ドラマの見どころなどを語った。

同作は混乱を極めた激動の時代に、戦後日本の“復興”へ命を懸けて邁進する吉田と周囲の人物たちの戦いを、娘・和子の視線から映し出す骨太ヒューマンドラマ。鶴瓶と生田の異色タッグに加え、松嶋菜々子、佐々木蔵之介、安田顕、前野朋哉、勝地涼、矢本悠馬ら豪華俳優陣が集結して、敗戦後の日本を描く。

鶴瓶、生田、新木は今回が初共演となるが、お互いの印象について、鶴瓶はまず新木について「初めてだったんですが、ひょうひょうとしていて、すごくやりやすかったですね」と感想を述べ、生田には「この人をしかりたいんですけど」と前置きし、「現場でほとんど台本を見ないんですよ。こっちはずっと見てるんですよね。全部(せりふを頭に)入れてるんですよ。こっちは必死やんけ(笑)」とぼやきながらもべた褒め。さらに「それに英語。こっちもペラペラやりました。この人、ペラペラペラペラや。信じられんくらい。外国人違うかな思て。それくらいしゃべりますよ、本当に」と終始、生田の才能を称賛した。

生田は「『俳優・笑福亭鶴瓶に会いたい』という思いで今回このドラマに参加させていただきました。現場では、鶴瓶さんのお芝居で空気が一変するという場面が何度もありました。こうして鶴瓶さんとお芝居ができて本当にうれしく思っております」とリスペクト。新木に対しては「心(しん)の強さみたいなものがありますよね。動じないというか」と評すると、鶴瓶も「ぼーっとしているのに動じないんですよ」と同じ印象を受けたと明かす。

当の新木は「お二人とご一緒できることを光栄に思っていたんです。緊張感というものを現場でよく感じることが多いんですけど、嫌な緊張感がなくて、本当に入った瞬間から家族のように鶴瓶さんも迎えてくださって。『パパ』って呼ばせていただくのが当たり前になりつつあって、それがうれしいなと思って(笑)」と振り返ると、鶴瓶は「終わってからもパパって呼んでね」と笑顔でポツリ。

生田について、新木は「生田さんは“白洲次郎”だったんですよ。白洲次郎さんは日本人で初めてデニムをはいたというので有名な方だと思うんですけど、本当に初めてジーンズをはかれたのではないかというくらい、すごくジーンズが似合っていた印象があります」とエピソードを披露。鶴瓶が「ベストジーニスト賞もろたの?」と問いかけると、生田は「一度ももらってない! 後輩はみんなもらってるんですけど(笑)」と明かし、「今年はもらえると思うよ」という鶴瓶に、「ハードル上げるのやめてください(笑)」とうろたえ気味に返した。

また、現場の雰囲気について、生田は「鶴瓶さんもそうですし、監督(若松節朗)が作ってくださった現場の空気かなというふうに、アットホームでありつつ適度な緊張感あって」と話し、鶴瓶は「キャストがいいんですよ。佐々木蔵之介とかね、安田顕とかね。ほんまにすごいメンバーやなと。松嶋菜々子さんなんてもったいない。わいの愛人で、後に奥さんになるんですけど。よう松嶋さんに頼んだな(笑)。それで吉田茂の家とよう似た家で撮ったんですよ。ぜひ見てくださいよ」とアピールして締めくくった。

アドトラック発車のテープカットイベントでは、トラックを見た生田が「『#鶴瓶がドラマで吉田茂に』、バズってほしいですね(笑)」とコメント。鶴瓶も「バズってほしいわ」とかぶせて場を沸かせ、テープカットを無事に終えた。