特別支援学校生徒に暴力か、横浜

教諭逮捕、市教委公表せず

©一般社団法人共同通信社

 横浜市の特別支援学校で昨年11月、障害がある生徒に暴行してけがをさせたとして、神奈川県警が今月5日、傷害の疑いで、教諭の男を逮捕していたことが20日、分かった。市教育委員会や学校は「被害者などに配慮し、現時点では詳しく話せない」と公表していないが、取材に対し事件があったことは認めた。懲戒処分を検討する方針。

 30代の教諭は昨年11月19日、トイレにいた10代の生徒に近づいた際、ふいに生徒の手が当たったことに激高。生徒の頭を車いすにぶつけるなどの暴行を加え、頭などに2週間のけがをさせた。生徒は体が不自由で、意思に反して手が動いてしまうことがあった。