アボリジナルアート・コーディネーター 内田真弓~アボリジニの人にとって「明日」は「翌日」ではない

©株式会社ニッポン放送

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、アボリジナルアート・コーディネーターの内田真弓が出演。アボリジナルアートの作者であるアボリジニと人との関係について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストはアボリジナルアート・コーディネーターの内田真弓さんです。現地に行かれてすぐに、原住民の方たちと打ち解けられるわけではありませんよね?

内田)私のようなアジア人はまず見たことがないので、遠くから不思議そうな視線を感じます。近寄って来て「こんにちは」とあいさつをするわけでもありません。彼らは英語を話すのかどうかも知りませんでした。

黒木)何を話すのですか?

内田)彼らは独自のルリチャ語、ピンタピ語、ピチャンチャチャラ語、アマチャラ語。そして英語が彼らの5番目の言語です。現在は、彼らの英語となんちゃってルリチャ語でコミュニケーションが取れますが、最初は明るく無視をされるばかりでした。

黒木)最初はコミュニケーションができなかったのですね?

内田)彼らにとって、私のようなアジア人を受け入れるメリットは何もありません。彼らが私は何者なのかをきちんとわかるまでは、通い続けようと思いました。メルボルンから2500キロメートルと遠いのですが、通いました。

黒木)どのくらいの頻度で通ったのですか?

内田)時間とお金ができれば行きました。当時、私は空手をやっていたので、キックやチョップを行うとたちまち人気者になりました。そうしているうちに、狩りに連れて行ってくれることになりました。狩りならば準備をしなければならないと思い、いつ行くのか聞いたら、彼らの5番目の英語で「明日だ」と言われました。私は24時間後の翌日に狩りに連れて行ってもらえると思って、日焼け止めを塗ったり、カメラにフィルムを入れたりと準備をしました。そして翌日、「狩りは?」と聞いたら、また「明日だ」と言うのですね。この時間軸の違いが当時はわからなくて、毎日「狩りは明日だ」と2週間ほど言われました。朝になるとみんながトランプをやっていて、「狩りは?」と聞くと「明日だ」と。このようにずいぶんと時間がかかったのですが、1年に1度、女性だけで行う神聖な儀式に行くことができたのです。ここにお声をかけていただいたときには、泣けて来るほどうれしかったですね。

黒木)いつも同じ場所に行ってらっしゃるのですか?

内田)本当は他にも行きたいのですが、彼らに私が何者なのかをまず知っていただくためには、距離もあるので、「あちらもこちらも」というわけにもいきませんでした。当時は何度も通っている同じ居住区に行っていました。

黒木)今回、新宿の展覧会で展示したのは、同じ居住区で選ばれた70点なのですか?

内田)展覧会で評価されるクオリティーの絵を描けるアーティストは限られています。東京の舞台で70点という数多くの作品をお見せするには、ここになければあちらの居住区と、私の気になるアーティストがそれぞれの居住区に点在しているので、そこに1年くらいかけて行きました。

黒木)彼らの人生、アート、歴史、文化を伝える責任を受け入れたのですね。

内田)たくさんの時間を費やせば費やすほど、愛しくなる人たちです。私は学者ではないので、研究の対象として彼らを見ることはありません。日本人の目線で居住区に潜り込み、長期滞在をし、狩りに行き、儀式に参加をしたなかで彼らに近づきました。そこでまた、さらに知りたいという気持ちになったのです。

ニッポン放送「あさナビ」

内田真弓(うちだ・まゆみ)/アボリジナルアート・コーディネーター

■航空会社に勤務後、1993年、アメリカへ1年間語学留学。
■1994年、ボランティアの日本語教師としてオーストラリアへ。日本帰国直前に先住民アボリジニアートに衝撃的に出会い、深く魅せられる。
■メルボルン市内のアボリジニアートギャラリーで6年間勤務したあと2000年に独立起業し、「ART SPACE LAND OF DREAMS」を立ち上げ。
■メルボルンを拠点に、日本での展示会プロデュース、アートの販売、講演、メディアの撮影コーディネート等を行うアボリジニアートのパイオニア的存在。
■2008年にはKKベストセラーズより『砂漠で見つけた夢』を出版。
■1年の大半をアボリジニの人々と多くの時間を過ごしています。

<アボリジナル・アート>
■大自然のなかで狩猟・採集生活をしていたオーストラリア先住民が、情報の記録や伝達のために使った絵画表現。
■彼等は、絵を描くことでコミュニケーションをとり、もともと天然の粘土を使い、砂絵、ボディペインティング、また岩壁などに絵を描き生活手段として使われて来た。
■70年代に西洋のアクリル絵具とキャンバスによって描かれはじめたのが「アボリジナルアート」の始まりとされる。