地域限定型SNS「マチマチ」 交流促進や情報発信へ

佐世保市が連携協定 九州自治体初

©株式会社長崎新聞社

佐世保市が活用を始めた地域限定型のSNS「マチマチ」

 佐世保市は地域限定型の会員制交流サイト(SNS)「マチマチ」を運営する「マチマチ」(東京)と連携する協定を結んだ。九州の自治体では初めて。マチマチを活用した各地域での交流促進や市の情報発信に取り組む。
 マチマチは、自分が住んでいる地域での交流や情報発信に特化したSNS。地域や町内会の情報を得る環境を整える狙い。
 町内会や地域のグループごとに「コミュニティ」をつくったり参加したりすることができ、インターネット上で連絡事項の投稿や確認が可能。投稿を参加者が読んだかどうかを把握する回覧板の機能もある。参加していない登録者も、イベント情報の発信や地域の病院や飲食店に関する情報交換ができる。
 マチマチ上では、市がツイッターで発信する情報を見ることもできる。市コミュニティ・協働推進課は「幅広い世代の情報共有の場として利用してもらい、地域に目を向けるきっかけにしてほしい」とした。
 利用するにはメールアドレスと携帯電話の番号が必要。登録はマチマチのウェブサイトなどでできる。