〈保健だより〉ヒートショックに注意!

©株式会社VOTE FOR

■生活習慣病のある人や若い人も気をつけましょう
ヒートショックとは、暖かい室内から寒い廊下やトイレに移動したり寒い脱衣所で着替えて熱い湯船に浸かるなど急激な温度変化によって血圧が急上昇・急降下することを言います。脳や心臓に大きなダメージを与え、心筋梗塞や脳血管障害など命の危険につながりかねない状態になります。
特に冬場の入浴は、ヒートショックが起こりやすい危険要因が多いです。予防のためには、入浴の仕方等温度差を無くす環境づくりに十分気をつけましょう。

◆対策
▽脱衣室と浴室の温度差を無くすために、脱衣室に暖房器具を利用したり、シャワーでお湯を溜める、浴室にお湯をかける、浴槽のフタを開けて湯気で浴室を暖めたりしましょう。

▽浴槽からはゆっくり立ち上がりましょう。

▽一人で入る時は家族にひと声かけてから入りましょう。高齢の方は家族が時々様子をみてあげましょう。

▽体調が悪いときや飲酒後、食後すぐ(30分から1時間以内)、気温が低い早朝や深夜等は、入浴を控えましょう。

▽入浴後も温度変化には注意しましょう。