2月の百貨店売上高は15%減

新型肺炎で1月もマイナス

©一般社団法人共同通信社

東京・銀座をマスクをつけて歩く人たち。観光客があまり見られなかった=21日午後

 日本百貨店協会が21日発表した1月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比3.1%減となり、4カ月連続のマイナスだった。新型コロナウイルスによる肺炎拡大が影響し、暖冬で冬物衣料も売れなかった。加盟企業への聞き取りでは2月の売上高も約15%減、訪日外国人による免税売上高は約7割減と大幅なマイナスになっており、新型肺炎が百貨店を直撃している。地方でも苦戦が目立った。

 外国人客だけでなく、日本人客も感染を恐れて客足が鈍っている。協会の山崎茂樹専務理事は「消費税増税の影響が薄れてきたところでコロナウイルスが発生し、かなり厳しい状況になっている」と話した。