どうして既読スルーされるのか?ドラマで学ぶ「恋愛を成功に導くヒント」

©ytvメディアデザイン

俳優・古川雄輝が主演を務める連続ドラマ『LINEの答えあわせ~男と女の勘違い~』(読売テレビ、毎週土曜 深夜0時58分~)の第3話が、2020年2月16日(日)に放送されました。

本作は、東京カレンダーWEBで累計2,000万PVを獲得した大人気連載『LINEの答えあわせ』の実写版。男女7人のLINEにまつわる恋愛模様を、男性側・女性側それぞれの目線から描き、そのエピソードから恋愛を成功に導くヒントを指南してくれる新感覚の恋愛実践トレーニングドラマです。

■第3話のあらすじ

真剣な出会いを求め料理教室に参加した藤城幸也(黒羽麻璃央)。

都内の有名私立大学を卒業し、外資系の商社に勤め、英語も堪能なハイスペック男子だが、女性の扱いに慣れておらずモテとはほど遠い……。そんな彼が料理教室で出会ったのは、藤城より4歳年上のアラサー女性・新見恵理乃(大西礼芳)。

アパレルメーカーのプレスとして、機敏に仕事をこなす自立した大人の女性だ。その場で、恵理乃に惹かれた藤城だが、勇気が出ずLINEすら交換ができない。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

しかし、帰り道で藤城にチャンスが訪れる。外国人旅行者に英語で道を聞かれて困っている恵理乃を見かけ、得意の英語で対応し、彼女を助けたのだ。すると、恵理乃のほうからお礼に一緒に飲もうと誘われ、パブで2人で飲むことに。その場で、念願のLINE交換をも果たす。

翌日、藤城は恵理乃に最初のLINEを送ろうとするものの、どういう内容を送ればよいのか悩んでいるばかりで送ることができない……。何度も途中まで文字を打ってはやめ、打ってはやめ、そのまま連絡できずに1週間が経過する。

藤城は友人の木村に相談するが、思い切りの悪い藤城に代わって、軽いノリのメッセージを恵理乃に送ってしまう。慌てふためく藤城だったが、その夜、恵理乃から好意的なLINEが届く。テンポよくLINEが続き、デートの約束をとりつけることに成功するのだった。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

デートの場所に選んだのは、ステーキが有名な六本木のレストラン。恵理乃との会話も盛り上がり、手応えを感じる藤城。そしてデート後すぐに恵理乃から「楽しかったからねー」とLINEが届いたのだが、その後2度目のデートの約束をとりつけるために、藤城が送ったLINEには、恵理乃から返信がくることはなかった……。恵理乃は、どうして既読スルーをしたのか? その理由は、藤城のあのときのあの行動にあった。

■気になる第4話は?

2020年2月22日(土)深夜0時58分〜に放送される第4話では、テレビプロデューサー佳奈子(坂井真紀)の恋模様が描かれる。

独身を謳歌する40代半ばの佳奈子は、結婚をしなくても仕事もプライベートも充実をしていた。しかし、20代のころから集まっていた独身女性の仲間“独身同盟”の3人のうち1人が結婚すると聞かされて……。

読売テレビ公式無料動画『ytv MyDo!』で、本作の第3話が、2月23日(日)深夜0時57分まで配信中。恵理乃からの目線で描かれたストーリーも見られるので、どうして既読スルーをされたのか、あなたの予想との答えあわせをして。(文/にしかわゆかこ)

【画像】
※ Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会