梅宮アンナ、浜田が「ううぅ…ううぅ…」と泣く様子をモノマネで再現し笑いのち感動!

©株式会社フジテレビジョン

2月21日(金)のフジテレビ『ダウンタウンなう』に、昨年12月に81歳で亡くなった故・梅宮辰夫さんの愛する家族たちが登場。娘・アンナ、妻・クラウディア、孫・百々果が、知られざるエピソードを語った。

浜田の男泣きにアンナ「笑っちゃった」

梅宮家とは、以前からプライベートでも親交があった浜田。アンナとは連絡を取り合っていて、「(梅宮さんに)なんかあったらすぐ言えよ」と気にかけていたという。

そんな浜田と梅宮さんの関係は、松本から見ても「確かに僕が見てても…つながりが…確か、盃(さかずき)もらってたよね?」と、ジョークを飛ばしながらも、強いものがあったことをうかがわせた。

梅宮さんが息を引きとった際には、すぐに浜田がかけつけたそうで、そのときのことを「父のそばに来てくれて…」と振り返ったアンナ。 だが、続けて「ううぅ…ううぅ…」と、泣く浜田の様子を、モノマネで再現し始めた。

浜田が照れながら「言うなよ」とツッコむ中、アンナのモノマネは続き「浜田さんが『兄ぃ、ほんっとに、今まで(番組などで)最悪なことして(やって)くれたよね』って言うわけ…。『いろんなことをさせて悪かった』って」。

一同は静かに耳を傾けていたが、アンナが「『ごめーん』って泣くから、わたし、笑っちゃったんです」と明るく話すと、その場が一気に笑いに包まれた。

アンナは「最高の悲しみもあり、楽しかったこともあり、これは浜田さんにしか言えない」。そんな言葉だと感じたという。

最後は出汁と昆布とハイチュウに囲まれて!

生前から「人が死んでも、ずっと悲しんでいてはいけない」と言っていた梅宮さん。最後は明るく、少し変わったお見送りをしたそうで…。

「(お棺には)とにかく好きなものを入れてあげようと、食べ物を入れたんです。出汁、のり、昆布、塩、味の素、ステーキとか…」こう話すアンナに、浜田は「辰兄ぃが料理されてるみたいやんな」と笑った。

さらに、アンナが「このへん(胸元)に全部ハイチュウ」と言うと、松本は「いやいやいや…」と苦笑い。この日の飲み仲間・山﨑夕貴フジテレビアナウンサーも手を口に当てて固まってしまった。

ソフトキャンディのハイチュウが好きだったという梅宮さんだが、松本が「そうかもしらんけど、ここ(胸元)じゃなくて良くない?」と言うと、アンナが「このへん(左右の頬の横)にも…」と明かし、一同に和やかな笑いが。

左から)梅宮百々果、梅宮クラウディア、梅宮アンナ

全身タイツにパイ投げ…怒ることはなかった梅宮さん

バラエティ番組にも多く出演した梅宮さんだが、「ダウンタウンの番組は一度も断ったことがない」という。

「とにかくお二人が大好きで」とアンナ。浜田は「我々はお世話になりまして。あの当時の梅宮辰夫がやらへんようなことをやってくれて…。全身タイツ着せてねぇ。ちゃんと一生懸命やってくれたっていうことに、本当に感謝していますよ」と真面目な表情で語った。

そこで、梅宮さんがバラエティに出演した時の貴重映像を見てみることに。ダウンタウンらが当時59歳の梅宮さんに顔面パイ投げをする『ダウンタウンのごっつええ感じ』を見ながら、「この頃はまだ怖かったですよ」(松本)、「怖かった、怖かった」(浜田)と懐かしんだ。

クラウディアも登場した『笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ)では、アンナ、クラウディア、百々果はおかしさのあまり泣き笑い状態に。

浜田:パイのやつな、すごかったなぁ。

山﨑:その頃はまだ怖い感じですか?

松本:うん。

浜田:でも全然怒らへんし。

松本:結局、怒られたことはなかったなぁ。

坂上:梅宮さん、何か言ってました?

アンナ:楽しいんだって。父が言っていたのは、収録が押したりしても、早く終わってくれるんだって(と言い、浜田のことを見る)。

浜田:(手を口に当て目をそらして笑い)違うよ。辰兄ぃが「浜ちゃん、もう家で全部仕込み終わって、飯の準備できてるから。6時にはみんな来るから、頼むよ!」って言うから、「わかりました!」って。

浜田の話から当時の様子が伝わり、みな大笑い。浜田は「終わらなしゃあないやん。『5時には家にいたいから!』って言われたら」と、うれしそうに振り返った。

梅宮さんとクラウディアの出会いは「スパークしちゃった」

家族との時間を大切にしていた梅宮さんは、家事も育児もほとんど自身がしていたという。

松本:クラウディアさん、なんにもしなかったんですか?

クラウディア:結婚する時、「何もしなくていいから」って。「床の間に飾りたい」って言われたの。

言葉もなく顔を見合わせて驚く一同。坂上から「梅宮さんのどこに惚れたんですか?」と聞かれたクラウディアは、銀座のクラブでアルバイトをしていたときの梅宮さんとの出会いを語り始めた。

クラウディア:(梅宮さんが)隣の隣の席に座っていたわけ。女の子たちがワイワイ騒いでいて。

坂上:大スターですからね。

クラウディア:たまたま見てたら、向こうも(こちらを見て)、スパークしちゃったわけ!

そんな電撃的な出会いのエピソードに、浜田は手を叩いて笑い、松本はぎょっとした顔に。

坂上:お互いにですか?

クラウディア:でしょうね。

松本が「目がバッチリあったんや」と感心し、クラウディアはうれしそうな表情を見せていた。

アンナの元恋人に「あいつはヤダ」と言っていた!?

妻だけでなく、梅宮さんの娘への溺愛ぶりは有名な話。アンナの初デートでは、クラウディアに車を運転させて、後部座席に座り後ろの窓から監視しながら尾行したという。

浜田:それでも辰兄ぃは、連れてきた人を全部受け入れるの?

アンナ:私に嫌われちゃう怖さがあって、はっきりは言わないんですよ。影で文句ばっかり言ってるの。

クラウディア:一番イヤだったのはあの人よね。

アンナ:誰?

クラウディア:……。

松本:そこ、放り込んで来ます!?

坂上:あの時、梅宮さん、どうだったんですか?

クラウディア:「あいつはヤダ」って。

一同:(爆笑)

一同に、当時世間を騒がせた“あの男性”の顔が浮かぶ中、「辰兄ぃはちゃんと出ていって全部しゃべってはったやん」(浜田)、「聞かれると答えてくれる人だから」(坂上)と話したが、松本が絶妙なタイミングで「で…、あいつって、誰ですか?」と白々しく聞いて、みな大爆笑。

一般男性と結婚し、百々果が生まれ、現在は独身であるアンナだが、今は恋愛にはあまり興味がないという。

百々果:私は結婚してほしくないんだけど、マミィ(クラウディア)は絶対結婚しなさいって毎日言っています。

クラウディア:一人だと相談する人もいないし。

坂上:(アンナさんのお相手は)どんな人がいいですか?

クラウディア:「お金持ちじゃなきゃ口きいちゃだめ!」って(言ってるの)。

予想以上に現実的なコメントにみな大笑い。梅宮さんに思いを馳せながら、最愛の家族たちとの楽しいハシゴ酒となった。