武漢の医師、相次ぎ死亡

士気低下食い止め必死

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国湖北省武漢市では新型コロナウイルスに感染した医師の死亡が相次いでいる。当局は革命に命をささげた人々と同様に「烈士」として表彰する方針や、医師らの子を受験で優遇する措置を表明。過酷な業務が続き、感染者も増加する中、士気の低下を食い止めようと必死だ。

 政府は死亡した医師らを「烈士」と扱い、遺族を支援する方針を表明。武漢市は休日や食事代などの待遇改善を打ち出した。湖北省は医療従事者の子どもを進学や入試で優遇するとしているが、中国は受験競争が激しく、この優遇措置には反対の声も上がっている。