浜辺美波、安田顕、成田凌ら「アリバイ崩し承ります」共演者が柄本時生の結婚をサプライズ祝福

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系の連続ドラマ「アリバイ崩し承ります」(土曜午後11:15)で、鑑識課に所属する検視官・樋口秀人役の柄本時生が先日結婚したことを発表。これを受け、浜辺美波、安田顕、成田凌をはじめとするキャスト陣が勢ぞろいし、お祝いのサプライズを行った。

スタッフの掛け声とともに大きな拍手が巻き起こり、柄本が呼び込まれると、浜辺が「おめでとうございます!」と、大きな花束と夫婦湯飲み&急須をプレゼント。柄本は終始照れながらも感激した様子を見せた。また、成田は自身が愛用しているカメラで柄本の様子を撮影するなど、現場は自然と和気あいあいとした雰囲気に。

さらに、キャスト陣みんなで「結婚指輪のポーズ」で記念撮影を行うことになり、成田が「ほっこりした顔をしようかな……」と言うと、浜辺や安田もすかさずほっこり顔でポーズを決めた。3人の顔を確認した柄本が、「凌くんが一番ほっこりしてるかな」と判定するなど、笑いの絶えないサプライズイベントは大成功で幕を閉じた。

2月22日放送・第4話では、ペンションで殺人事件が発生。美谷時計店の店主・美谷時乃(浜辺)は、そのペンションに宿泊していた那野県警捜査一課管理官・察時美幸(安田)からアリバイ崩しの依頼を受ける。時乃は初めての“出張アリバイ崩し”の依頼に大ハリキリ。察時によると、ペンションの時計台で宿泊客の1人が遺体で見つかり、地元刑事の稲葉茂男(デビット伊東)らは、察時を含めた宿泊客4人とオーナー夫妻の計6人を疑っているという。しかも、被害者が殺害されたとみられる時刻にアリバイがないのは、将来の夢は警察官だという中学生・原口龍平(大西利空)のただ1人…。龍平の夢を壊したくない察時は、真犯人のアリバイを崩してもらうため、こっそり時乃を呼び寄せたのだった。