イベント中止 長崎県内で相次ぐ 五島椿プロジェクトなど

©株式会社長崎新聞社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、長崎県内でのイベント中止などが相次いで決まり、影響が広がっている。
 一般社団法人松下財団(代表理事・松下剛MTG社長)は21日までに、五島市で28日に開催予定だった「五島の椿プロジェクト」の発表会中止を決めた。「来場者や地域住民の健康と安全を考慮した」としている。
 同プロジェクトは同市出身の松下氏が発起人となり、五島のツバキを活用して新産業や雇用の創出、地域活性化を目指す取り組み。発表会では松下氏による取り組み内容の紹介や、プロジェクトに賛同する女優、吉永小百合さんのトークセッションなどを予定していた。
 一方、島原市は21日、市内で23日に予定していた九州オルレ島原コース(約10.5キロ)のオープニングイベントの延期を決めた。市によると、300人が参加予定だった。コースは同日から利用できるという。
 また、長崎労働局は21日、長崎、佐世保両市で今月予定していた「ながさき就活スタートダッシュ&企業研究セミナー」の中止を決めた。長崎市長浦町で23日開催予定だった琴海ロードレース大会(実行委主催)も21日、中止が決まった。延べ415人が参加予定だった。