セリエAのスターになり損ねた選手たち。ミランまたはユーベで失墜の共通点

©フットボール・トライブ株式会社

セバスティアン・ジョビンコ 写真提供: Gettyimages

イタリアのサッカーに再び栄光を与えると言われていた選手たちがいた。フランチェスコ・トッティ、アレッサンドロ・デル・ピエーロ、クリスティアン・ビエリなど「ゴールデン・ジェネレーション(黄金世代)」の後継者になることを期待された選手たちだ。ところが彼らは失敗し、ここ数年で目立たないまま引退、あるいはイタリアを離れることとなった。

なぜ彼らは失敗したのだろうか?理由は様々だが、ミラン、またはユベントスでプレーしてからキャリアが思い通りに進まなかった共通点のある、セリエAでスターになり損ねた選手たちを紹介しよう。

リッカルド・モントリーボ 写真提供:Gettyimages

リッカルド・モントリーボ

若い頃アンドレア・ピルロの後継者と言われたリッカルド・モントリーボは、数日前(2020年2月18日)に正式に引退を発表した。代理人のジョバンニ・ブランキーニ氏は彼のキャリアを振り返って、こうなるはずではなかったと詳細に語っている。

1985年生まれのモントリーボは、アタランタのユースで育てられ、子供の時から注目を浴びていた。ボランチ、センターハーフ、トップ下など複数のポジションをカバーできた彼はフィオレンティーナで名を馳せ、輝かしい未来が予測されていた。しかし、2012年にミランに移籍してから怪我が多発し、2019年まで活躍できないまま時間が過ぎた。退団の際には、自身への待遇の悪さを理由にミランに不満をぶつけている。

イタリア代表選手としても何度も選抜されてきたモントリーボだが、出場機会はそこまで多くは得られなかった。代表チームの監督たちは彼の実力を認めるも、コンディションの良い選手を優先に起用していたためだ。結果、モントリーボは国内でも国際的にも目立たないまま引退を迎えることとなった。

ステファン・エル・シャーラウィ  写真提供:GettyImages

ステファン・エル・シャーラウィ

ステファン・エル・シャーラウィは、若干27歳にして引退に近いベテランのように、イタリアから中国に旅立った。彼はジェノアで育てられ、2011年6月にミランに渡った。当時のロッソネーリ(ミランの愛称)にはイブラヒモビッチ、カッサーノ、ロビーニョ、インザーギなどが所属していたにもかかわらず、エル・シャーラウィは高く評価されて多くの出場機会を得ていた。

若きエル・シャーラウィの活躍を見たサポーターは、彼がミランのレジェンドになることを信じていた。しかし、多くの怪我でコンディションを整えることができなかったエル・シャーラウィを、ミランがモナコにレンタル移籍させるとクラブとの関係が悪化した。そして最終的にはローマに渡ることとなった。

エル・シャーラウィはミランに関して「このクラブは私にとって家族みたいなものだった。しかし、私が怪我で苦しんでいた頃、裏でひどいことを言われていたのを耳にして、もう自分の居場所ではないと確信した」と語っている。

エル・シャーラウィにはイタリアでスーパースターになる実力があった。しかし唯一、継続力を身に付けることができず、2019年7月に中国の上海緑地に移籍し、現在はプレーができない日々を繰り返している(中国プロサッカーリーグは現在新型肺炎で無期延期のため)。

クラウディオ・マルキジオ 写真提供: Gettyimages

クラウディオ・マルキジオ

ユベントスのユースで育てられ、ずっと同クラブのために尽力してきてたクラウディオ・マルキジオ。彼ほどユーベにぴったりの選手はいないと思われていた。そのプレーはエレガントでありながらガッツにも溢れていた。また、スタイルも性格もクラブのコンセプトにぴったりだったため、「ミスターユベントス」あるいは「プリンチペ(王子)」とまで呼ばれていた。

しかし、ユーベの柱となると思われたマルキジオにも、輝かしい未来を台無しにする事件が起こる。2016年4月に行われたパレルモ戦で左ひざの靭帯十字部分断裂という重傷を負って2015-16シーズンを終了し、イタリア代表メンバーとして戦う予定だったEURO2016の参加も断念。2016年10月には復帰戦を迎えたが、その怪我は引退までずっと響くこととなった。

ビアンコネーリ(ユーベの愛称)はマルキジオがもう高いレベルではプレーできないと判断し、2018年にはロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに移籍することとなった。そして、彼はわずか9試合の出場で引退という選択をした。

セバスティアン・ジョビンコ 写真提供: Gettyimages

セバスティアン・ジョビンコ

セバスティアン・ジョビンコも、マルキジオ同様ユーベのユースに育てられた。ジョビンコのセリエAでのピークは、パルマに所属した頃(2010-2012)だ。2011/2012シーズンはトップスコアラーとしてパルマの残留に貢献し、イタリアのサッカーを再び強くする選手として期待されるようになった。

しかしその後、彼は一つの判断ミスをした。それはユーベに復帰したことだ。当時のビアンコネーリには、ジョビンコと同じポジションにアレッサンドロ・デル・ピエロなる素晴らしい選手がいた。そのためジョビンコには本来のポジションでのプレー機会がなかなか与えらず、出場できない試合も多かった。

ジョビンコは2015年にイタリアを去り、アメリカMLSリーグのトロントで2019年までプレーする。MLSでは114試合中68得点を挙げ、最優秀新人賞やMVPに選出されるアメリカ国内のスターとして活躍した。そして現在は、サウジアラビアのアル・ヒラルでプレーしている。

前述の3選手と違い、ジョビンコがイタリアでのプレーを断念したのは怪我のためではない。ユーベ…いや、イタリアのクラブのサッカーに対する考え方のためである。ここ10年イタリアのチームでは、高身長でフィジカルの強い選手が好まれている。身長160cmのジョビンコにとっては、残り辛い環境だった。しかし、ジョビンコに関しては今でも足元の技とスピードに関して誰にも負けないと信じている。もう一度イタリアでの素晴らしいプレーを見てみたいものだ。