社民党首に福島氏 立民合流協議に影響か【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

社民党大会で福島瑞穂新党首が選出され、拍手をする吉田忠智参院議員(右端)と吉川元・幹事長(左端)=22日午後、東京都千代田区

 社民党は22日、東京都内で党大会を開いた。又市征治党首の任期満了に伴う党首選が公示され、立憲民主党との合流に慎重な福島瑞穂副党首が無投票で選出された。福島氏は2003~13年以来の再登板となる。党内で合流に賛否が分かれる中、対立の表面化を避けるために一本化した形だが、立民との協議の進展に影響を与える可能性もある。合流に前向きな姿勢の党県連合関係者は、複雑な心境を漏らした。

 関係者によると、反対論が強い地方組織には、党首に福島氏を推す動きが出ていた。執行部は合流協議を継続するとした現在の方針を覆さない確約を福島氏から得た上で、無投票で選ぶことで折り合った。福島氏は合流について記者団に「党員は社民党が大事だと思っている人が多い。さまざまな意見をしっかり聞きたい」と述べるにとどめた。

 福島氏の選出について、吉田忠智参院議員(比例代表)は「党首選をすると分裂する可能性があった。一本化されて良かった」。守永信幸県連合幹事長は「党が割れることは避けるという大前提で、熟慮した結果だろう。今後は党内の意思統一を進めることを期待する」と述べた。

 県連合は既に合流を前提に議論を進める方針を打ち出している。福島党首の誕生に、ある県連合関係者は「最も悪い形になった。今後、分裂もあるのではないか」と悲観。別の関係者は「福島氏を党首に選んだのは、勝手な動きをしないように抑え込むためでは」と分析した。

 支持労組幹部は「党は早い段階で合流を決め、これまでの運動を残すことに力を注ぐべきだ」と主張。一方で「福島氏が予想外の発言や行動を取らないか心配だ。合流議論が停滞したり、反対派の活発化につながらないだろうか…」と不安を口にした。