『スーパーナチュラル』ジャレッド・パダレッキ、地元マラソン大会で完走!

©株式会社WOWOW

大人気の超常現象アクションドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』で、サムを演じるジャレッド・パダレッキが、地元の米テキサス州オースティンでフルマラソンを完走した。米The Winchester Family Businessが報じている。

現地時間2月16日(日)、ゼッケン番号4126で出場した37歳のジャレッドは、3時間47分50秒でフルマラソンをゴールした。主催者の公式Twitterでは彼の家族との写真も掲載されている。路上で応援していたファンも動画や写真をアップしている。

今回のマラソン出場は実は2年連続で、昨年の記録は3時間57分56秒だったため、10分ほどタイムを縮めたことになる。ジャレッドはこのマラソン出場の前の1月28日に、自身のInstagramにトレーニングをしている写真と、マラソン出場の決意と理由を語っていた。

「最近起こった出来事で、人生、愛、喪失、そしてこの地球上での恵まれた日々について考えさせられた。"自分"の時間をどう過ごすか、さらに"どう過ごしたいのか"を考えるきっかけになった。誰と過ごしたいか。どこに行きたいか。どんな本を読みたいか。そして、他者も自分も幸せにすることができる何かをしたいと。そして大好きな街のために走りたいと思った。子どもの頃に住みたいと夢見た街のために。オースティンにいると暖かさと幸せを感じる。他のどの土地に旅行しても見つからなかったものだ。ここにいるのが好きだ。(友だちにも引っ越してくるよう説得したこともある)2月16日に故郷と呼べるこの街のため、オースティンマラソンに出る。これからそのためのトレーニングの励むよ。そして一番大切なことだけど、皆、愛する人に電話をしてくれ。散歩に行ってみて。一人の時間を大事にして、好きなTVを見てほしい。自分の大事な時間を使って何かをしてみてほしい。だって、人生どれくらい時間があるかなんて、誰にもわからないことなんだからね」

最近起こった出来事というのは、昨年10月、オースティンにあるバーで2度の暴行と1度の公的な場所での酔っ払い・人に迷惑をかけた行為により逮捕されたこと。保釈金5000ドル(約54万円)で保釈され、その後『スーパーナチュラル』の撮影等に影響はなかったようだが、ジャレッドはこの件に関してはコメントなど発表していないままだった。

人生を改めて考えて、マラソンに出場したジャレッド。彼は『スーパーナチュラル』終了後、1990年代に大ヒットした『炎のテキサス・レンジャー』のリブート版『Walker(原題)』で、主人公コーデル・ウォーカーを演じることが決まっている。『Walker』は、重要事件のアンダーカバー捜査に2年間従事したウォーカーが、二人の子どもが待つオースティンに戻ってくる。任務が完了したと思っていたが、実はまだやらなければならないことがあると知るのだった...というストーリー。こちらもジャレッドの愛するテキサスが舞台になっている。

ファイナルとなる『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン15は、米CWにて放送中。日本では海外ドラマエクスプレスにて配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo: