村上春樹「不思議な中毒性がある」チェト・ベイカーの魅力を語る

©ジグノシステムジャパン株式会社

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」。2月16日(日)の放送は、2月23日(日・祝)19時から放送される「村上RADIO~ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」の“予習編”をオンエア。本記事では、中盤3曲についてお話しされた概要を紹介します。

古今東西のさまざまなジャズを聴いてきた村上春樹さんによる、これまでにない“ジャズ入門編”「村上RADIO~ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」。ジャズが苦手な人でも、楽しく聴けるような村上流の入門企画を、2月16日(日)、23日(日・祝)の2週にわたってお送りします。

◆Michael Franks「Monk's New Tune」
次はマイケル・フランクスです。マイケル・フランクスは、かなり「脱力系」の歌い方をする歌手で、チェト・ベイカーを思わせるところがあります。彼の場合、歌うのはほとんどオリジナル曲なんだけど、同じような脱力タイプが多くて。長く聴いていると、ときどき眠くなったりします。でもこの「Monk's New Tune」は、ジャズ・フレイバーがピリッとあふれていて、僕の好みです。

主人公は夢の中で、ジャズ・ミュージシャンたちが集まってセロニアス・モンクの新曲を演奏しているところに居合わせるんです。モンクは、もうずっと前に亡くなっていますから、新曲なんてあるわけないんだけど、それでも夢の中ではちゃんと存在して、それがなんとも素敵な曲なんです。たとえ夢の話だとしても心がそそられますよね。

それではモンクの新曲なるものを聴いてください。マイケル・フランクスが歌います。ピアノのラッセル・フェランテをはじめとする、イエロージャケッツの腕利きのメンバーがバックをつとめています。1992年の録音です。

◆Lorez Alexandria「I've Never Been in Love Before」
次は、ロレツ・アレキサンドリア。ロレツ・アレキサンドリアは2001年に72歳で亡くなりました。とても歌のうまい人なんだけど、日本ではどうしてか過小評価されているみたいです。黒人女性歌手は歳をとると、どことなく脂ぎった歌い方になるんだけど、この人はそういうところがなくてよかった。1981年に来日したとき、銀座のジャズクラブに聴きに行きました。ピアニストがジャック・ウィルソンで、この組み合わせは最高に素敵でした。洒落ていて、ホットで、奥が深くて、まさに大人のジャズでした。僕はジャック・ウィルソンのファンだったので、彼のレコードを何枚か持っていってサインしてもらったんだけど、ロレツ・アレクサンドリアのレコードを持ってくるのをなぜか忘れたんです。
すると、それを見ていたロレツの顔がだんだん不機嫌になっていって、「おお、これはまずい」と思い、家に電話して彼女のレコードを5~6枚届けてもらいました。そして、それにサインしてもらい、それでやっと彼女も機嫌を直して、なんとか無事に、ご機嫌にステージを終えることができました。よかったです。
それが1981年4月のことです。このレコード・ジャケットには日付け入りの彼女のサインがあります。ロレツ・アレクサンドリアが「I've Never Been in Love Before」を歌います。「あなたの他に愛した人はいない」。1964年の録音、ウィントン・ケリーの自由自在なピアノ伴奏が素敵です。僕の持っているサイン入りのアナログ・レコードで聴いてください。うまいでしょ、なかなか……。

◆Hank Mobley「The More I See You」◆Chet Baker「The More I See You」 ◆Chris Montez「The More I See You」
さっき、マイケル・フランクスの歌い方が、チェト・ベイカーに似ているといいましたけど、今度は本物のチェト・ベイカーです。この人、本職はトランペッターなんだけど、歌も歌ってまして、今となっては、演奏よりヴォーカルのほうが、むしろよく記憶されているかもしれません。今日は「The More I See You」を歌います。「君を見れば見るほど、君のことが欲しくなる」という内容の歌です。

1958年の録音ですが、この頃からベイカーはヘロイン中毒のために、歌も演奏もだんだん力を失っていきます。そして最後には、ほとんどぼろぼろになって、自殺だか事故死だか、うやむやな怪しい死に方をしてしまいます。でもね、彼の歌には不思議な中毒性があるんです。一度聴くと、耳について離れません。
彼の脱力系の歌い方は多くの歌手に影響を与えますが、クリス・モンテスもその1人です。モンテスはジャズ歌手じゃないですが、ベイカーの歌い方をポップ・ソングにうまく応用して成功しました。彼の歌う「The More I See You」は、1966年に全米ヒットチャートの14位まで上がりました。アレンジはハーブ・アルパートです。2人の歌を聴き比べてください。よく似てます。それでは、チェト・ベイカーとクリス・モンテスの歌う「The More I See You」。

この記事で紹介できなかった選曲やそのほかの内容は、以下の記事よりチェックできます。
▶▶村上春樹「男女関係って、理解も大事だけど、誤解もほとんど同じくらい大事」ラジオ番組で語る
▶▶村上春樹「ビバップ」の創始者・ディジー・ガレスピー ライブの記憶を振り返る

*番組の感想を送ってくれた方のなかから10名の方に、「村上RADIO」オリジナルTシャツをプレゼント! 詳しくはWebサイトをご確認ください。


【▷▷2月23日(日・祝)放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月2日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<2月23日(日・祝)放送番組概要>
番組名:村上RADIO~ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集
放送日時:2月23日(日・祝)19:00~19:55
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/