スレート屋根の一部が抜け、落下した男性が死亡 命綱なし

©株式会社神奈川新聞社

 19日午前10時20分ごろ、神奈川県横須賀市内川1丁目の横浜鋼材の工場で、補修作業中に屋根の一部分が抜け、同市長浦町の建設業の男性(46)が落下した。男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 浦賀署が事故原因を調べているが、傾斜があるスレートの屋根の一部分(約90センチ四方)が抜け、男性が約12メートルの高さから床部分の鉄板に落下したという。命綱は付けていなかった。

 落下した破片などが工場内にいた横浜鋼材の社員の男性(33)に当たり、軽傷を負った。